2017年6月12日 (月)

新井白石とシドッチ(その1)

確か6月初旬の日経新聞記事だったと記憶している。
 
茗荷谷駅前のマンション工事現場で、イタリア・トスカーナ地方出身者のDNAを持つ白骨が発掘され、禁制下の江戸中期に日本へ潜入した宣教師シドッチの骨であることが確認されたという。
膝を抱えて土葬する日本人の白骨と異なり、両足を伸ばしてあおむけに眠る形の白骨姿勢だったと記事にあった。
 
戦国時代にこの国にザビエルが撒いた種の実りを収穫にやってこようとしたのだろうか。
シドッチは江戸に送られ、新井白石の尋問を受けている。
 
その切支丹屋敷跡を訪ねた・・・。
 
(あとで道順などを報告するが、自家用車での現場接近は大変難しいので電車で茗荷谷駅下車し徒歩で切支丹坂を目指すと坂上の右手にその石碑がある。私はバイクなので一発で幸運にもたどり着いたがバイクでもおそらく苦労するだろう。電車が賢明だとお断りしておきます。)

Photo

茗荷谷の切支丹屋敷跡碑(2017年6月10日筆者撮影)

解体新書で有名な新井白石であるが、幕府役人(寄合)引退後は渋谷区千駄ヶ谷6-1-1に隠棲して執筆活動に専念したそうだ。

Hakuseki

白石終焉地の碑(GOOGLE MAPを引用)

ここに渋谷区設置の記念案内板があるそうである。
一度行ってみようか、と思う。

カトリックの宣教師の来日はザビエルを始まりとする。
 
ザビエルが1549年8月15日に鹿児島市祇園之洲町に上陸してから160年目のカトリック宣教師のシドッチの屋久島潜入であった。
 
「ザビエル上陸記念碑」には背の高い棕櫚の木が2本だけ映る写真が掲載されている。
http://www.kagoshima-kankou.com/guide/10534/
 
私はそこを訪れたが、実際はその背の高い棕櫚の木が2列に合計40本以上並び、その間をザビエルが歩いた小道が曲がりくねって街道へとつながっていた。
 
棕櫚並木の壮観をなぜ日本人向けの観光写真では省略しているのだろうか・・・。
 
しかし、シドッチは屋久島で捕らえられ、江戸へ護送された。
鹿児島での捕縛の様子も白石は記録している。
 
日本刀を腰に差し、月代(さかやき)を剃って侍姿には化けていたが、手で水を飲むジェスチャーをして水を乞う様に発見した農民は怪しみ代官所へ届けたのである。
 
新井白石は江戸小石川町(茗荷谷の切支丹屋敷)でシドッチを尋問した。
 
wikipedia記事により、白石とシドッチの関係を見てみよう。
 
『(新井白石は、)江戸時代中期の旗本・政治家・朱子学者。
 
一介の無役の旗本でありながら六代将軍・徳川家宣の侍講として御側御用人・間部詮房と
ともに幕政を実質的に主導し、正徳の治と呼ばれる一時代をもたらす一翼を担った。
 
家宣の死後も幼君の七代将軍・徳川家継を間部とともに守り立てたが、政権の蚊帳の外におかれた譜代大名と次第に軋轢を生じ、家継が夭折し八代将軍に徳川吉宗が就くと失脚し引退、晩年は著述活動に勤しんだ。
 
中略。
 
外交政策[編集]
朝鮮通信使の待遇の簡素化
朝鮮通信使接待は幕府の財政を圧迫するとし、朝鮮通信使の待遇を簡略化させた(この一件は順庵の同門だった対馬藩儒・雨森芳洲と対立を招いた)。
 
また、対朝鮮文書の将軍家の称号を「日本国大君」から「日本国王」とした。
 
シドッチ密航事件
ローマ教皇からの命でキリスト教の布教復活のため日本へ密航して捕らえられ、長崎を経て江戸茗荷谷キリシタン屋敷に拘禁されていたシドッチを取り調べ、本国送還が上策と建言した。
 
また、白石はこの事件により得た知識をもとに『西洋紀聞』『采覧異言』を著している。
以下略。』(新井白石-wikipediaより抜粋)
 
その西洋紀聞を、今、通勤電車で根気よく読んでいるところだ。
記憶に残る部分を抜粋する。
 
「其教法を説くに至ては、一言の道にちかき所もあらず、智慧たちまちに地を易(か)へて、二人の言を聞くに似たり。
 
ここに知りぬ、彼方の学のごときは、ただ其形と器とに精しき事を、所謂形而下なるもののみを知りて、形而上なるものは、いまだあづかり聞かず。
さらば天地のごときも、これを造れるものありといふ事、怪しむにはたらず。
かくて、問答の事共、其大略をしるす所二冊、進呈す。」
(p16~p17、東洋文庫113 「西洋紀聞」(新井白石著、宮崎道生 校註、平凡社)より抜粋。)
 
以下はシドッチに関するwikipedia記事の一部抜粋である。
 
『現在のイタリアのシチリア貴族の出身。特定の修道会に所属しない教区司祭として活動していたが、東アジアに派遣された宣教師らの報告によって日本における宣教師や現地の信徒(切支丹)の殉教を知り、日本への渡航を決意した。
 
教皇クレメンス11世に願い出て宣教師となり、マニラに向けて出帆した。マニラでは4年間宣教師として奉仕し、現地の宣教師仲間やバチカンからもその功績を認められるに至った。
 
この間、江戸幕府の禁教政策により宣教師や信徒共同体への弾圧を聞き知っていたマニラ駐在の宣教師らはシドッティの日本行きに反対したが、シドッティの決意は変わらなかった。
 
1708年(宝永5年)8月、鎖国下の日本へ出発するシドッティのためだけに建造された船に乗り、日本に向けて出発した。10月、髪を月代に剃り、和服に帯刀という侍の姿に変装して屋久島に上陸した。
 
島の百姓に見つかり、言葉が通じないことで怪しまれ、ほどなく役人に捕らえられて長崎へと送られた[1]。
 
翌年、1709年(宝永6年)江戸に護送され、時の幕政の実力者で儒学者であった新井白石から直接、尋問を受けた。
 
白石はシドッティの人格と学識に感銘を受け、敬意を持って接した。
シドッティも白石の学識を理解して信頼し、2人は多くの学問的対話を行った。特にシドッティは白石に対し、従来の日本人が持っていた「宣教師が西洋諸国の日本侵略の尖兵である」という認識が誤りであるということを説明し、白石もそれを理解した。
 
切支丹、特に伴天連(バテレン、パードレ Padre =宣教師 の音訳)は見つけ次第拷問、転ばせる(キリスト教信仰を捨てさせる)ことが最良である、という従来の幕府の規定を破り、新井白石は以下のような意味の意見上申を行った。
 
1.上策 本国送還 これは難しく見えるが、一番易しい。
2.中策 囚人として幽閉 これは簡単なようで実は難しい。
3.下策 処刑 これは簡単なようで実際、簡単。
 
白石が幕府に本国送還を上策として具申したのは異例のことであった。結局、用心した幕府は中策を採用し、シドッティを茗荷谷(現・文京区小日向)にあった切支丹屋敷へ幽閉することに決定した。
 
切支丹屋敷は1646年に捕らえた切支丹を収容するために作られたものであったが、鎖国と禁教政策の結果、シドッティが収容されるまで長きにわたって誰も収容者がいなかった。
 
茗荷谷の切支丹屋敷では宣教をしてはならないという条件で、拷問を受けないことはもちろん、囚人としての扱いを受けることもなく、二十両五人扶持という破格の待遇で軟禁されていた。
 
屋敷でシドッティの監視役で世話係であったのは長助・はるという老夫婦であった。
彼らは切支丹の親を持ち、親が処刑されたため、子供のころから切支丹屋敷で生涯をすごしていた。
ある日、木の十字架をつけていることを役人により発見され、2人はシドッティに感化され、シドッティより洗礼を受けたと告白した。
 
そのためシドッティは2名とともに屋敷内の地下牢に移され、その10ヶ月後の1714年(正徳4年)10月21日に46歳で衰弱死した。」(シドッチ-wikipediaより)
 
この屋敷で拷問苦に耐え切れずに転向したジュゼッペ・キアラを題材に遠藤周作は小説「沈黙」を書いた。最近イタリア人監督の手によって映画化されて日本で上映されていた。
 
「ジュゼッペ・キアラ(Giuseppe Chiara、慶長7年(1602年) - 貞享2年7月25日(1685年8月24日))は、イタリア出身のイエズス会宣教師。
 
禁教令下の日本に潜入したが捕らえられ、拷問の責め苦に耐えかねての強制改宗により信仰を捨て、岡本三右衛門(おかもと さんえもん)という日本名を名乗って生きた。
 
遠藤周作の小説『沈黙』のモデルとなったことでも知られる。」(ジュゼッペ・キアラ-wikipediaより)
 
岡本三右衛門の名は白石のシドッチ尋問記録の中に幾度も登場してくるので、記憶にとどめておきたい。
 
次項は、屋敷周辺の景色を写真で紹介したい。

2017年4月 8日 (土)

このサイトを閉じた理由が知りたい!!!

川崎市 環境放射線量モニタリングシステム
http://www.atmp-kawasaki.jp/
http://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/29-1-4-10-0-0-0-0-0-0.html
 
このサイトに下記の表示はありますが、これまでのような使い勝手のよい時系列データではないのが残念です。
 
「(川崎)市内における環境放射能調査
 川崎市環境総合研究所(旧:公害研究所)では、市内の研究用原子炉施設からの影響を調べるため、昭和36年から環境放射能調査を実施しています。調査結果については、次を御参照ください。
  川崎市における環境放射能調査報告書のページ
 
 また、神奈川県では、原子力関連施設周辺に放射線測定設備(モニタリングポスト)を設置し、常時監視を行っています。
 川崎市内には5か所の測定地点があります。
  神奈川県環境放射能モニタリングシステム外部サイトへリンクします(神奈川県のページ)」
福島での地震などによる放射能の散乱と関東地域への飛散を検知できていたので残念です。不都合な事実でもあったのでしょうか。

2017年3月20日 (月)

今日の川崎市の放射能

0320

平成29年2月28日16時49分の「福島県沖の地震」の影響は消えていったようです。

※放射線量は1時間値      
※単位:μGy/h(マイクログレイ/時間)      
※緊急時は、1マイクログレイ=1マイクロシーベルトとして換算します。      
※測定データは毎正時に自動更新されます。
 
(数値は、「川崎市 環境放射線量モニタリングシステム」より引用しました。)
http://www.atmp-kawasaki.jp/
 
「平成29年 2月28日16時49分 福島県沖の地震
 北緯  37度30.8分 (北緯 37.5度)
 東経 141度22.0分 (東経141.4度)
 深さ  52km     (深さ 50km)
 規模(マグニチュード) 5.7
※括弧内の値は、津波情報等を引き続き発表する場合に使用されます。」
気象庁HPより抜粋。
http://www.jma.go.jp/jp/quake/

2017年3月19日 (日)

2007年問題(団塊世代大量退職)は終わったのだろうか?

以下は小生が57歳のときに書いたブログ記事です。
今を語っているところが面白いので再掲します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2007年問題(団塊世代大量退職)は終わったのだろうか?
2008/1/5(土) 午前 11:52 中山道を歩こう
正月三ヶ日、「朱舜水と水戸学の関係」というシリアスなテーマを追いかけていて、いつのまにか2008年の初春を迎えていた。
 
ここ数年マスコミで叫ばれてきた2007年問題はもう終わったような感がある。
それは企業の側から見た退職金積立金支出問題が終わったということだけであり、大きな二つの問題は残ったまま、深く潜在しながら拡大していきつつある。
 
一つは、企業内の技術・技能承継である。
もう一つは、退職後の団塊世代各人の生甲斐の問題である。
 
技術・技能承継に関しては、近年大リストラの弊害が事故・災害、品質などにおいて顕著に出始めてきたので、さすがに鈍感な企業でも重要性にやっと気付き始めている。
 
昭和30年代~昭和50年頃まで、日本の多くの企業がまじめに取り組んできた「企業内オフジョブトレーニング(OFF JT)の価値」を見直し、その再開を試みる動きが出始めている。
しかし、その成果は「知識の蓄積」が為されるまでは目だって現れない。
OFF JTを継続して数年~10年くらいを経過して始めて、目だって来るものである。
 
「目に見えないもの」に価値を認めない「西洋の軽薄経済論理」に翻弄された平成の経営者たちが、昭和復興以来多くの先輩たちが綿綿と築いてきた人的価値を「リストラ」という誤った概念を輸入して、いとも簡単に葬りさってしまった。
 
日本企業が本来の事業再構築をする能力も欠き、安易な首切りリストラに走っているとき、「目に見えないものを大事にしようという概念」は、皮肉なことだが日本企業を手本として欧米のほうで研究が盛んになっていくのだった。
 
現場のヤル気を大事にするトヨタのカイゼン活動、非財務的価値を認めようとするバランススコアカードなどがその例として挙げられよう。
 
これからまじめにOFF JT再開に取り組む企業は、いずれ技術・技能承継問題を克服する可能性があるが、その数年間~10年間の間は「歯抜け期間」となってしまうのは止む終えない。
歯抜けの間には、災害事故の続発、品質の劣化、納期遅延などさまざまな問題がこれでもかと追いかけてくることになるが、リストラの代償として受け続けるほかないだろう。
それに耐えて人材育成をやりきった企業だけが事業の継続を行うことができるだろう。
 
(筆者追記:苦労をしている現在の東芝を、ふと思い浮かべました。)
 
もう一方の退職する団塊の世代の側の問題がある。
これは法人の問題ではなくなり、個々人の問題となるので、マスコミも記事として追いかける価値をあまり感じていないようである。
せいぜい老後の生甲斐特集などでさらりと紹介して終わっている。
退職金を手にして暇な時間が一杯できるのだから、好きに生きたらいいと思うが、生まれてこのかた「好きに生きる」方法を学校でも企業でも教えてもらっていない。
 
欧米では、幼い頃から一人の人間として自立心を持つように教育されるため、長期休暇の過ごし方なども各人各様、自由に選択をしている。
しかし、団塊の世代の日本人は1ヶ月も自由に休みなさいと言われたら、どうしてよいかわからない。常に集団の規律に従って生きるし、休暇も皆と同じだけ同じ時期に取る。
そういう教育を学校と企業は行ってきたのだ。
 
60歳ですから、はいどうぞご自由に、と急に言われた方は困ってしまうが、それは個人の悩みであって、国家や法人の悩みではない。
 
かくして、団塊の世代は退職金を食いつぶしながら、役人の横領によって支給される時期を5年間も遅らせられた不安定年金を待ちながら、暇つぶしの雑務か趣味の園芸に時間を割くことになる。
 
現在の60歳は、体力知力的には一昔前の40~50歳の能力を持っている。
あと20年間も社会へのさしたる貢献をしないまま、時間のみを消化するにはもったいない知力・体力なのであるが、団塊の世代の体自身がそれをよく知っている。
何かしたいのだが、なにをしていったらよいかわからない。
そこでもじもじ、うずうずという感覚を感じながら、なかなか老いていかない肉体と、なかなか支給されない年金にジレンマを感じていく。
 
幸い、定年後の雇用延長の制度を活用でき、増えた余暇で趣味を実現している団塊も多いだろうが、それは少数だと思われる。また雇用延長の仕事がその人の能力に比例した賃金であるとも思えないし、能力を最大限引き出している様子も見受けられない。
国家の要請だから、仕方がないので雇っているという風がある。
 
むしろY電機(筆者注:横河電機は定年制を撤廃した)がやったように、定年制度そのものを撤廃した方が、勤労意欲の継続と能力の有効活用のためには良い様に思われる。
実際は、大多数の団塊世代は有り余る体力を抱えながら、目標を見出せずにいるのである。
公的機関や自治体は、2007年問題が終わった今こそ、「個人の2008年以降問題」に取り組まなければならない。
目に見えないけど、価値ある団塊世代の人材を是非国富のために活用するべきである。
 
民間の試みとしては、「団塊サラリーマンのための起業セミナー」などがあるようだが、人口規模の大きい団塊世代の目標探しは、国家がどうやって国富を得るかというほどの問題である。
官民協力した施策が求められるだろう。
 
退職者個人の生甲斐探しを「2008年問題」と名づけて、われわれが忘れてはならない問題だと認識しておこう。

今日の放射能 川崎市

0319

古いデータを削除したら、かなり印象の異なる図となりました。

しかし、このすぐ前の記事のグラフと同等ですので、安定だと思われます。

2月28日の福島県沖地震のあとで、少し放射能が拡散したのかなあ・・・と思われるような変化を川崎市の放射能が示しているように見えます。

次の地震のときに同じ傾向を示すとすれば、それが確からしくなってくるでしょう。

廃炉の上の蓋がずれるかドビ上がるかして、バフッと放射能の濃い埃が舞い上がったとしたら、近隣の人々はもっと警戒をする必要があるでしょう。

帰還可能地区などと政府が放射能の濃い地域での内部被ばく生活を促進しているようですが、大丈夫なのかしら・・・。

※放射線量は1時間値      
※単位:μGy/h(マイクログレイ/時間)      
※緊急時は、1マイクログレイ=1マイクロシーベルトとして換算します。      
※測定データは毎正時に自動更新されます。
 
(数値は、「川崎市 環境放射線量モニタリングシステム」より引用しました。)
http://www.atmp-kawasaki.jp/
 
「平成29年 2月28日16時49分 福島県沖の地震
 北緯  37度30.8分 (北緯 37.5度)
 東経 141度22.0分 (東経141.4度)
 深さ  52km     (深さ 50km)
 規模(マグニチュード) 5.7
※括弧内の値は、津波情報等を引き続き発表する場合に使用されます。」
気象庁HPより抜粋。
http://www.jma.go.jp/jp/quake/

2017年3月15日 (水)

今日の放射能 川崎市

0315

地震の影響は顕在化していないようにみえます。
このまま平定してくれれば幸いです。
 
※放射線量は1時間値      
※単位:μGy/h(マイクログレイ/時間)      
※緊急時は、1マイクログレイ=1マイクロシーベルトとして換算します。      
※測定データは毎正時に自動更新されます。
 
(数値は、「川崎市 環境放射線量モニタリングシステム」より引用しました。)
http://www.atmp-kawasaki.jp/
 
「平成29年 2月28日16時49分 福島県沖の地震
 北緯  37度30.8分 (北緯 37.5度)
 東経 141度22.0分 (東経141.4度)
 深さ  52km     (深さ 50km)
 規模(マグニチュード) 5.7
※括弧内の値は、津波情報等を引き続き発表する場合に使用されます。」
気象庁HPより抜粋。
http://www.jma.go.jp/jp/quake/

2017年3月14日 (火)

今日の放射能 川崎市・・・ ん?!

0314

※放射線量は1時間値      
※単位:μGy/h(マイクログレイ/時間)      
※緊急時は、1マイクログレイ=1マイクロシーベルトとして換算します。      
※測定データは毎正時に自動更新されます。
 
(数値は、「川崎市 環境放射線量モニタリングシステム」より引用しました。)
http://www.atmp-kawasaki.jp/
 
「平成29年 2月28日16時49分 福島県沖の地震
 北緯  37度30.8分 (北緯 37.5度)
 東経 141度22.0分 (東経141.4度)
 深さ  52km     (深さ 50km)
 規模(マグニチュード) 5.7
※括弧内の値は、津波情報等を引き続き発表する場合に使用されます。」
気象庁HPより抜粋。
http://www.jma.go.jp/jp/quake/

2017年3月12日 (日)

川崎市の放射能

0312

川崎市の放射能 右端が本日2017年03月12日 21時のデータです。
落ち着いてきたようです。
帰還可能地区とされ福島県の楢葉町は川崎の約20倍の濃度だそうです。
宇宙放射線の40倍で内部被ばくは大丈夫という政府の主張は正しいのでしょうか?
私は間違っていると感じています。
科学者の良心が試されています!

2017年3月10日 (金)

Why!? 大事な今の時期になぜ点検??????

http://www.atmp-kawasaki.jp/より複写しました。(今現在はこの記事は修正されています)
 
測定地点一覧
2017年03月10日 01時
測定地点名
放射線量
環境総合研究所
(川崎区殿町)
点検中
中原大気測定局
(中原区小杉町)
点検中
麻生大気測定局
(麻生区百合丘)
点検中
実はこのサイトを開いて、上の記事を複写した途端、画面が黒くなってしばらくすると数字が出てきました。複写して5秒以内の出来事でした。
 
不思議な印象を持ちました!!
ついこの間点検をしたばかりですよ~~~。
 
のちほどその正常な値を以下に掲載します。
                                                                                                                                                                                                 
測定地点一覧
2017年03月10日 01時
測定地点名 放射線量
環境総合研究所 0.025
(川崎区殿町)
中原大気測定局 0.044
(中原区小杉町)
麻生大気測定局 0.039
(麻生区百合丘)
※放射線量は1時間値
※単位:μGy/h(マイクログレイ/時間)
※緊急時は、1マイクログレイ=1マイクロシーベルトとして換算します。
※測定データは毎正時に自動更新されます。
※公害研究所のモニタリングポストは、2013年1月16日に殿町の環境総合研究所に移設しました。
 
偶然点検終了の5秒前に私が上記サイトを開いたということも考えられます。
地震のあとの1週間前後、福島の放射能の影響を観察している大事なときに点検が必要なのでしょうか?不思議な印象が残りました。

2017年3月 8日 (水)

福島沖地震から8日目の放射能@川崎

0308

3月8日の川崎の放射能「じわわ~」
 
※放射線量は1時間値      
※単位:μGy/h(マイクログレイ/時間)      
※緊急時は、1マイクログレイ=1マイクロシーベルトとして換算します。      
※測定データは毎正時に自動更新されます。
(数値は、「川崎市 環境放射線量モニタリングシステム」より引用しました。)
http://www.atmp-kawasaki.jp/
 
「平成29年 2月28日16時49分 福島県沖の地震
 北緯  37度30.8分 (北緯 37.5度)
 東経 141度22.0分 (東経141.4度)
 深さ  52km     (深さ 50km)
 規模(マグニチュード) 5.7
※括弧内の値は、津波情報等を引き続き発表する場合に使用されます。」
気象庁HPより抜粋。
http://www.jma.go.jp/jp/quake/

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

最近のコメント

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ