2018年4月11日 (水)

箱根大涌谷の湯で思考(その2)

厳密には箱根強羅温泉の大涌谷からの源泉を引いた温泉(ph2.5)に浸かりながら、四国お遍路のことを考えています。
 
湯は白濁しています。鶯色です。
透明度は深さ約300mmです。かすかに硫黄の臭いがします。
 
日帰り入浴で、月に1~2回浸かります。
 
願望だった旅が決行決意により「具体的目標」になりました。
 
しかし、働くのを完全にやめる頃、あと3~4年後の実行になるはずです。
当面は働ける限り何かのお役に立ちたいと思っています。
 
さて、それまでに何か準備はできないものか・・・と考えています。
 
昨年同期生の親友が富士山に登りました。
団塊の世代ですが、見事なものです。
 
私も登りたいとは思いますが、今は登れそうにありません。
 
昨年は大山に登山して倒れそうなくらい疲れてやっと頂上に至りました。
まず今年大山に再度登って脚力が増していることの確認をしたい。
 
増しているという実感はあるのですが、その実証をしてみたい。
 
前回死にそうな気分で登ったのに比べて、余裕をもって今年登れるかどうか確かめたい。
 
もしそれができたなら、今年中、或いは来年に富士山再登頂を試みたい。
初めて上ったのは山口県居住時代に自動車で往復して上ったときで、30年ほど前のことでした。
 
大山と富士山への挑戦が今の労働環境の中では精一杯の挑戦になります。
 
引退してからは、四国お遍路だけに的を絞り、目標の達成に邁進します。
生き生きしている高齢者となろうとして、それを頑張ります。

2018年4月 5日 (木)

ラーメン道 健康な人への伝言

ドクターストップで塩辛いものは食べられなくなりましたので、今は通えない店ですが、まだまだ健康で御元気な皆さんに「言い遺し」て置こうと思い、以下に紹介します。
 
平塚市から国道129号線を走って国道246号線へ合流する際、
国道129号線の西側(走っていて左手)に丸源を見つけました。
 
探していた「味噌」味ではなく醤油味ですが、その近くの目指す火山ラーメンが水曜定休日だったから仕方なくUターンして平塚方面へ100~200mほど戻ったところのそのラーメン屋に入ったことがありました。
 
そこは、
丸源ラーメン 平塚田村店
神奈川県平塚市田村4-14-41
 
でした。
火山ラーメンを☆印にして一緒に添付します。

0 火山は東名厚木inter側にも

丸源ラーメン 厚木インター店
神奈川県厚木市岡田3012番地

Photo

本当は行きたかった石焼味噌ラーメンの火山でした。上の地図に☆印で示します。
ジョナサンの隣です。
 
石焼らーめん 火山 平塚湘南店
神奈川県平塚市田村4-16-24
 
朗報としては店舗一覧に東京下北沢にも火山店があることを知ったことでした。
 
石焼らーめん 火山 下北沢店
東京都世田谷区北沢2-14-7 第34東京ビル1F
 
このように、健康な時代の私の一押しは味噌ラーメンでしたが、実は町田の味噌ラーメンにもよく通いました。
 
ラーメン おやじ 町田店
 
本店を検索すると、なんと「北海道ラーメン おやじ」と看板が出ていました。
 
北海道らーめん おやじ 本店
神奈川県相模原市中央区中央1丁目3−1
 
へえー、あれが北海道ラーメンねえ、というのが正直な感想・・・。
 
悪い意味ではなく、私はあれは北海道ラーメンを越えている、と思うのです。
 
札幌駅そばの10階建てビルの10階のフロア全部を使って、に観光用に札幌ラーメン名店街があり、何度か食べました。
 
・・・あれが北海道ラーメンです。
町田の親父らーめんはその上に位置します。
おやじは相模原でもう1店最近開店した模様です。
 
北海道ラーメン おやじ 田名店
神奈川県相模原市中央区田名4763−1
 
もう一つおいしい味噌を紹介しようと思い、検索してみればここも北海道ラーメンの看板でした。
 
北海道らーめん きむら初代(しょだい)
〒225-0001 神奈川県横浜市青葉区美しが丘西1丁目9−15
 
ラーメン屋の駐車場で、休日にガードマンを貼り付けている店はここしか知りません。
町田へ行けないときはここで満足していましたので、私の合格ラインに入る味です。
本場北海道ラーメンよりはこちらの方が私の好みです。
ここの醤油も青葉のようなテイストでなかなか良いです。
 
実は、名古屋居住の3年の間、定期的な利用店は醤油でした。
ここは本当においしかった。しかし、名古屋だけ。
英会話の先生をお連れしたことがありましたが、味に反応していました。
フランス系米国人でした。

Photo_2

ラーメン福
http://ra-menfuku.com/shop/index.html
より引用しました。
 
新幹線名古屋駅から何とか接近したい場合は、1~2㎞と近いけどタクシー利用の往復をお勧めします。私は歩いて行けますが、初めて行く人は難しいでしょうから。
 
中村区は豊臣秀吉の生まれたエリアです。
 
ラーメン福 黄金店
 名古屋市中村区畑江通4-8
◯AM11:00~PM11:00 ◯定休日/火曜日
 
定休日は火曜なので気をつけて。
 
その後、東京に戻って、ラーメン福の醤油味に近いものを探しました・・・。
 
日本橋に白川ラーメンの人気店がありました。
また親友から下記が白川ラーメン味だと教わりました。
 
京都北白川 ラーメン 魁力屋
https://www.kairikiya.co.jp/
ここも健康でラーメン通いできたときは、ときどき利用していました。
九条ネギラーメンがおいしかったです。
 
好みの系統には入りますが、「ラーメン福と同類」とは、なかなか言えません。
 
以上を整理すれば、私の一押しは、
 
味噌系では、
ラーメンおやじ
 
つぎに
石焼ラーメン火山
 
醤油系では文句なしでラーメン福です。
東京では青葉がうまいですね。
 
火山定休日の水曜日にすぐ近くの「に丸源平塚店」にたまたま入り、食べた餃子がなかなかでした。
 
宇都宮餃子NO1,2の店に、どちらにも行きました。
おごってくれた宇都宮在住の友人に向かって、「私手製の肉餃子の方がうまい」と正直に言いますと、それ以来音沙汰がありません。
 
真実を伝えるのはなかなか難しいものです・・・。
私の手製餃子は、元はおばちゃんが一人でやっている山口県光市の餃子屋いずみの真似です。家内もそれに近い味を出すようになり、今では私より家内の方が上手です。
いずみのおばちゃんは病気になって店をやめましたので、いまはありません。
いずみの餃子を後輩と若いとき食べ競争しました。
多く食べた方が無料になるというもの。
私は2~3時間の間に12人前、96個を食べました。
しかし、後輩は13人前を食べました。私が全額支払いました。
店を出て5秒もすると、後輩は店の前で吐きました。
あきれた戦いですが、どんなにおいしい餃子屋であっても、私は5人前、40個以上を食べたことはありません。
それほどいずみの餃子はおいしいのでした。
我が家の手製餃子では、おそらく若いころなら51個は食べられるはずです。
 
そして・・・丸源の餃子は、ぎりぎり私の手製餃子のレベルに最接近していそうな気がしました。
宇都宮でも店があるようで・・・。
 
東京の人は以下で確認できるでしょう。
 
東京都
丸源ラーメン 高島平店
東京都板橋区高島平1丁目13-6
 
丸源ラーメン 東久留米店
東京都東久留米市下里2-6-5
 
丸源ラーメン 小平店
東京都小平市上水本町2丁目8-3
 
丸源ラーメン 練馬関町店
東京都練馬区関町北5-7-5
 
丸源ラーメン 西府中店
東京都府中市西府町5丁目12-5
 
丸源ラーメン 八王子南大沢店
東京都八王子市南大沢1-22-16
 
以上が健康なみなさんへお伝えしておきたいラーメン道のポイントでした。
食べられるのは、今のうちですよ!

2018年3月30日 (金)

さくら、さくら

Sakura

うちの近くの桜(古木)

Sakurazaka1

桜坂の桜@港区Roppongi

Sakurazaka2

同上

2018年3月25日 (日)

ミツマタ(三椏)の里

B000 中川温泉ブナの湯(坂の左手にミツマタの花)

B0002

B0

Bfin_2

坂を下り右へ曲がれば川側駐車場へ至る。そこにもミツマタがあった。

Bf2_2

B10_2

ミツマタの花に囲まれたような「ブナの湯」の看板

B1 駐車場の奥にもミツマタの花

B2

B6 白っぽいのも

B8 黄色いのも

B9

B12

B13 この黄色から芳香が発散しているのかしら

B15 赤いのもある

B17 朝日も仲間入りして撮影に参加

B18 観賞用のミツマタ

B19 車の背後にミツマタ

B20redcircle 駐車場の奥にもミツマタ

B21 帰ろうとすると向かいの宿の入り口にもミツマタ

B23

近くに「みつまたの里」と書いた旗が裏返っていた。

河内川は国道246の方向へ下っていた。

ミツマタの香りや花についての知識をサイトから抜粋します。

「中略。

ミツマタという名前の由来は、花をつける枝が3本に分かれて三つ又状になるから、ということらしい。小さな花が密集しているので、ある程度開いてしまうと黄色い玉状のカタマリがぶら下がったような姿になるが、まだ葉はでてこない。そういえば、花が終わって葉に覆われた姿は写してなかった。

ミツマタ,2016年3月上旬
花が開く前は見通しもいいので、確かに三つ又になっているのがよく分かる。ツボミは細かい毛に覆われている。枝の先に芽がついているが、ここから葉がでてくる。

ミツマタ,2016年3月中旬,東京都
小さな花が開き始めたところ。例によってというか、一つ一つの小さな花の花弁に見える部分は、実はガクが4つの裂けた萼片と呼ばれる部分で花弁はないとのこと。ガクの内側にオシベが4本あるが、最初のうちは固く閉じていて、花粉も出していないように見える。

ミツマタ,2015年3月下旬,東京都
さらに近くから。花期が終わるとガクの黄色いが薄くなって白くなってしまう。やはり花も咲き始めたころがいいような?

アカバナミツマタ,2016年3月中旬,東京都
濃い朱色の花をつけるアカバナミツマタ。黄色いふつうのミツマタよりも、1週間ほど開花が遅いように思う。」
「ミツマタの花 2016年3月15日」より抜粋)

 http://okiraku-camera.tokyo/blog/?p=3863

2009.03.19★井中 平さん、

ミツマタの漢字知りませんでした。いまパソコンで変換したら、やはり、三椏と出ました。メルシ!
★ミモザさん、
豪華でしょう。じつは、三又神経というのも神経がどこまで行っても三つに分かれていく
のです。サンシャシンケイと読みます。
★10月のマルコさん、

軽く上品な香りがしますね。でも花粉症のわたしにはあまり臭いません。残念!」(「きょうの発見 みつまた」より抜粋しました。
http://yokido.cocolog-nifty.com/today/2009/03/post-77c2.html

桜と富士

Z0_2

東名高速道路

 

Red_2

下の赤丸(河村城址歴史公園)最寄りの国道246号線(西の沼津へ向かう方向)にて撮影しました。

Fujizakura1_2

桜の花の中に富士山が・・。お相撲取りに桜富士っていたような・・今もいるかも。

あっ、富士桜だった。

Z3_2

富士山の右手=北側に「山北町」がある。なるほど。これから山北町営温泉ぶなの湯へ。

Z4

ほころび初めが桜は美しく可憐だ。

Z5

朝日を浴びて

2018年1月23日 (火)

わが家の雪だるま変化(へんげ)@1月23日午前8時

F1000216s

2018年1月22日21時生まれです。

F1000217s

つけまつげが素敵です。

「朝日でとろけちゃいそうです・・・」1月23日午前8時

F1000218s

あれ、目が・・・

F1000218sb

「そうじゃ、片目の丹下作善じゃあ」(1月23日午前9時)

F1000219s

「がっくり、俺も落ち目じゃあ、両目がなくなった・・・」首もやや傾く。

「御目出とうございます」(1月23日午前9時半)

F1000220s

目の正体は・・・ピンクの小菊

続きを読む "わが家の雪だるま変化(へんげ)@1月23日午前8時" »

1月22日の雪見露天風呂

今日は午朝11時から雪が降るとの天気予報でしたので、さすがに二輪で温泉とはいきません。
 
そこで街道歩きの雨がっぱとバッグを持ち出して、徒歩で近場の温泉へ向かいました。

F1000213

10時30分なのにすでに小雪でした。
突き当りを左折するとすぐに小田急線の柿生駅です。

F1000215

駅前を右折して黒川方面へ1kmほどで野天湯くりひら温泉に到着しました。
確か片平6丁目だったか・・・。
 
屋根の上の赤い「ゆ」の文字が目印です。
 
平日は9時からで大人930円です。
関東ローム層のあの黒い湯です。
 
詳しくはサイトでご確認ください。
https://www.yukaisoukai.com/kur/
 
我が家から歩いて約6000歩でした。
 
露天風呂に浸かります・・・。
 
さっきまでの「あられ」が小雪に変わっていました。
しかし、露天風呂の上空はやや温度が温かいのでしょう。
湯けむりで周辺が煙っています。
いつもよりも湯気の量が10倍くらいに目立っていました。
 
肩まで浸かって湯船の表面を見ると、湯気が風に揺られて右に左に走り回っています。
あいにくその場の写真撮影はできませんので、ネットで類似の画像を探しました。

Sample

「温泉マイスター」サイトより文と写真(部分引用)を引用しました。
https://toidas.net/entry/4058
 
「7問 次の強酸性温泉の内、最も酸性が弱い温泉はどこの温泉でしょう。
 
塚原温泉(大分県)
草津温泉(群馬県)
蔵王温泉(山形県)
玉川温泉(秋田県)」(抜粋終わり)
 
回答は存じませんので、興味がある方は上の「温泉マイスター」のアドレスから閲覧ください。
 
この湯面にあるような「湯気の塊」が人魂のような形状で目の前を左へ走り抜けると思うと、風向きの変化によって右へ行ったり向こうへ行ったりと、忙しく走り回っています。
 
そういう湯面の光景に、上から破線のようにとぎれとぎれの春雨のような白い線が何本もおりてきます。
 
これが今朝見た小雪が露天風呂へ落ちて来る光景でした。
 
なぜ春雨に見えるかというと、温泉上空の温かい空気によって溶けかけた雪は水かみぞれがとぎれとぎれに落下してきて、破線のような形態をしていました。
 
12時20分頃から牡丹雪に変わって、大きな雪の粒が湯船にときどき落ちてくるようになりました。
 
温泉熱に負けないままに湯面まで雪の結晶を維持しながら落下してきたのですが、その数は春雨の複数の線の中に一つ二つと数えるほどです。
 
落水した雪の粒は小さな湯面の凹みを一瞬形成しますが、すぐに湯面は水平に戻ります。
 
しかし、確かに湯面に潜り込む白い粒を目撃したのですが、それは二度と湯面に顔を出すことはありませんでした。
当然ですが、湯面下で溶解して液体の水に変化し、湯水と混ざってしまったのでした。
 
1時間半も浸かっていたので上がりましたが、そのあとで一段と牡丹雪の量が増えてきました。
 
そのときの露天風呂の湯面はどのように見えるのだろうか?
今後の研究課題にしたいと思います。
 
明日は凍る道路で滑って転んでの人が関東で1000人単位で発生するだろうと推測します。
お互い、用心をして歩きましょう。
 
私は取って置いた雪用の靴を出して外出します。
特許関係の仕事をしていたとき、大雪の弘前の大学へ出張ヒアリングしたとき、未知の歩行に備えて買ったものです。
 
1~2回しか使用していない靴ですが、明日は役立ちそうです。
 
皆様もご安全に!
 

2018年1月19日 (金)

年初のぶなの湯@山北町営

1_f1000179

1 丹沢湖の朝霧F1000179

ぶなの湯は10時から営業です。まだ30分早いので近くの美保ダムの日当たりのよい場所で休憩しました。ちょうど朝霧が晴れて朝日が上がってきたところです。

2_5f1000184

2 その5分後@丹沢湖の朝霧F1000184

9_f1000181

わずかに西南に富士山が見えます!

3_f1000185

3 赤黒い蒲澄(ガマズミ)の実F1000185

暮れに小川になっているガマズミの赤い実を発見したので、探してみるとそのまま残っていました。年を越しても赤い実を落とさず、赤黒くなったままで鈴なりでした。

この小川のせせらぎの音は、本当に心が癒されます。こういうのが無料なところが素晴らしい。

4_f1000188

4 私を見て!(花ことば)@ガマズミF1000188

実は赤いのですが、5月に咲くと言う花は実は白い花だそうです。5月が楽しみです。

42_f1000187

下流

5_f1000189

5 拡大@ガマズミF1000189

5_f1000193

6 二階の休憩所より@ミツマタF1000193

2階で湯上りにくつろいでいて、ふと階下を見たときの撮影でした。

白い花だなあと思ったのですが、よく見ると白い実です。三つ又に枝が分かれているのでミツマタのようです。

6f1000190 

7 帰ろうとしてミツマタの実を発見F1000190

駐輪場でも石垣に同じ実がありました。三つ又のミツマタでした。小学校のときに、紙はコウゾ、ミツマタを漉(す)いて作ると習いました。

7f1000191

8 接写@ミツマタF1000191

8_f1000195

9 ぶなの湯の湯気F1000195

2階の休憩所から湯船の上の喚起口が見えます。

PH10のアルカリ性の美肌の湯の湯気が見えています。

2017年12月30日 (土)

お気に入りの湯質 酸性硫酸塩泉@箱根強羅

これらの資料は箱根登山鉄道強羅駅の観光案内所で入手できます。
 
私の持病に対して禁忌かどうか不明ですが、硫黄の香りのする酸性の湯により肌が赤く変化するので、なんとなく効いているような気がします。
 
箱根の強羅温泉によく行きますが、私は『酸性硫酸塩泉』を選んで入浴しています。
 
どこが日帰り入浴できるかどうかは、各自電話で聞くようにと案内所のおばさんの指示でした。
 
しかし、この中のいくつかは旅館の前までいくと看板に日帰り入浴可能、料金〇〇円と書いてくれていますので、直接訪問して入浴できるところもあります。
 
箱根といってもいろいろあるのでした・・・。
 
湯船から箱根外輪山が眺められる大涌谷の濁り湯の五彩館(ごさいかん)が、春のリニューアルオープンを目指して外壁塗装をしているところに出会えたことは、今回の箱根強羅訪問の収穫でした。
 
もっとも五彩館は強羅温泉の上の方、早雲山温泉郷にあり、もっとも大涌谷に近い場所にある日帰り入浴可能(以前はだった。今後は確認していません)な旅館です。
 
近年の大涌谷の噴火の影響がもっとも厳しい立地でしたので、噴火後に休業していたのでした。
私はいつかまたあの濁り湯、大涌谷から小川に流れ出る茶色い白濁したあの湯水そのものに見えた湯にまた浸かりたいと思っていたところでした。
営業再開を強く期待しております。
大涌谷に浸かる・・・そういう気分の湯です。
 
湯質としてはその近くやや下方にある山田家も同じですが、箱根外輪山を湯船から眺めるというのは日帰り入浴客用の湯船では難しいように感じました。
一度だけ入ったことがあります。

Goura1s

強羅温泉の概要と湯質

Goura2s

強羅温泉マップ

2017年12月21日 (木)

忘れ物が保管される優しい居酒屋@新宿東口

一昨日、新宿の居酒屋で3人忘年会をして、その店にカレンダーを忘れてきていました。
紀伊国屋書店で1480円で買った「世界の絶景・・・的」なカレンダーでした。
 
「2018 世界でいちばん美しい絶景 カレンダー」
https://www.amazon.co.jp/2018-世界でいちばん美しい絶景-カレンダー-MdN編集部/dp/4844366874
 
今夕電話をすると、探してくれて、いくつかの忘れ物の中にそれがあったと回答を得ました。
帰路、店へ寄り、無事にカレンダーを手にできました。
 
いまどき忘れ物が帰って来るとは思っていなかったので、ありがたかったです。
 
新宿で飲むときは、安心して忘れ物ができる「咲くら」を使いたいと思いました。
取り急ぎ近況報告まで。草々
 
咲くら 新宿東口店
https://r.gnavi.co.jp/g068231/?utm_id=type-t_dsa_pc_eta02_g_lis

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

最近のコメント

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ