2017年7月12日 (水)

The world legacy KOHECHI (The A-104th piece. (3rd of May in 2015)

Sh3b0072s
SH3B0072
天水田を左に見て再び森へ入って行く。

Sh3b0073s

SH3B0073
なんとなく猪が突然横から出てくるような感じ。

Sh3b0075s


SH3B0075
少し開けてきた。

Sh3b0076s

SH3B0076

Sh3b0077

SH3B0077
山口茶屋跡である。

Sh3b0078s

SH3B0078
山口茶屋跡

「熊野めぐり」に「四十丁目茶屋あり」、「熊の案内記」に「やなぎ本より壱里上り、山口茶屋有り」と記されている茶屋跡である。


東西には、石垣が残っており、東側に屋敷林の杉の巨木が数本あり防風林と思われる。この近くには、石造地蔵菩薩立像や第二十四番中山寺十一面観世音菩薩像が道中を見守ってくれている。  十津川村教育委員会」(看板より抜粋)

2017年2月16日 (木)

The world legacy KOHECHI (The A-103th piece. (3rd of May in 2015)

Sh3b0065

SH3B0065 It is a just KOHECHI.

Sh3b0066s

SH3B0066S

Sh3b0067

SH3B0067 Thirty-three Kannon Statues(No.25)

Sh3b0069

SH3B0069  Beautiful!

Sh3b0070

SH3B0070  It is flat somehow! なんだか平たい!

Sh3b0071s

SH3B0071 The rice field of only the rainwater. 雨水だけの田だった。「天水田跡」

2017年2月11日 (土)

The world legacy KOHECHI (The A-102th piece. (3rd of May in 2015)

Sh3b0060s

SH3B0060

Sh3b0061s

SH3B0061
これらは「つづらおれ」ではないでしょう。
 
「つづら折れ(つづらおれ)、またはつづら折り(つづらおり)とは、
勾配を上り下りする道が、ジグザグ状に急カーブの折り返しで連続している様子をいう。
漢字では九十九折とも書く。
 
また、幾重にも曲がりくねった動物の腸に似ていることから、漢語的に羊腸小径(ようちょうしょうけい)と表現されることもある。
 
折り返しとなっている急カーブは、髪留めの一種であるヘアピンに形が似ていることから、
英語に由来するヘアピンカーブ(Hairpin curve)、ヘアピンコーナー(Hairpin corner)と呼ばれることもある。」(つづら折れ-wikipedia)
 

Sh3b0063

SH3B0063 仏像か

Sh3b0064s

SH3B0064 聖観世音菩薩像と見える。頭に11個の人面を抱いているようだ。11面観音菩薩はこの国の11の神と釈迦の習合を意味する。
なぜこの国には11の神なのか、考えたことがある。
神無月には神々はすべて出雲へ里帰り集合するので、10月は神がいなくなる。
つまり1年に11カ月は神がいるというわけだ。
そういう神々の国に釈迦の教えが舞い降りてきた。
山岳修験僧は神々と仏教の合体を編み出して、争うことを避けたのではないか。
11の神々を頭に抱く釈迦の姿は、ありがたくもあり、偉いものである。
イスラム国のリーダーよ、和合を大事んした日本の智慧に学べ!

2017年2月 4日 (土)

The world legacy KOHECHI (101th piece. (May 3 in 2015)

Sh3b0049

SH3B0049 こへち全貌(上図の右半分)

Sh3b0050s

SH3B0050 紀の国の山家に、大辺路(おおへち)、小辺路(こへち)とて、峰高う岸けわしく・・・ この辺路(へち)から遍路が生まれたらしい。
英語文に誤りがありました。seisuishoと書くべきところ、seisushoと書いてありました。

Sh3b0051

SH3B0051 ここから果無峠へ登る。

Sh3b0052

SH3B0052 オランダのおじさんと山ガールは私を抜いて先に登っていった。

Sh3b0053

SH3B0053 熊野

Sh3b0054

SH3B0054 雲のたなびく山の峰

Sh3b0055s

SH3B0055 若者たちはみな私を抜いて先に言った。がやがや楽しそう。
後ろを振り返ると、もう誰もいない。
しかし、私は生死をかけてやっと登る・・・。 

Sh3b0056

SH3B0056 嗚呼、なんまいだあ。

Sh3b0057s

SH3B0057 黒頭観世音(鳩摩羅什(くまらじゅう)は観世音(かんぜおん)と漢訳し、三蔵法師玄奘(さんぞうほうし げんじょう)は観音菩薩(かんのんぼさつ)と漢訳しました。

Sh3b0058

SH3B0058 ENDLESS SLOPE.
「つづくりも はてなし坂や 五月雨(さつきあめ)」 向井去来 

2017年1月29日 (日)

The world legacy KOHECHI (The A-100th piece. (3rd of May in 2015)

Sh3b0033

SH3B0033 路傍の墓石

Sh3b0034s

SH3B0034

Sh3b0037s

SH3B0037 急な坂

Sh3b0039

SH3B0039  

Sh3b0040s

SH3B0040 カーテンが見えるので人が棲んでいるようです。

Sh3b0041

SH3B0041

Sh3b0042

SH3B0042 道標

Sh3b0043s

SH3B0043 空が見えてきた。

Sh3b0044

SH3B0044

Sh3b0045

SH3B0045

Sh3b0046

SH3B0046 「小辺路(こへち)登山口上」というバス停。

Sh3b0047s

SH3B0047 地理的概要

Sh3b0048

SH3B0048 現在地は昴の郷と果無峠の間。

2017年1月27日 (金)

The world legacy KOHECHI (The A-99th piece. (3rd of May in 2015)

Sh3b0027

SH3B0027 いよいよ果無峠へ向かいます。

Sh3b0028s

SH3B0028 緑の絨毯を踏んで森の中へ向かいます。

Sh3b0029s

SH3B0029 近江國竹嶋 西國三十番

Sh3b0030

SH3B0030 西国三十三観音(第三十番観音)
Thirty-three Kannon Statues(NO.30)

Sh3b0031

SH3B0031 人家の近くの石楠花(しゃくなげ)の花

Sh3b0032s

SH3B0032 いよいよ峠へ

2017年1月16日 (月)

The world legacy KOHECHI (The A-89th piece. (3rd of May in 2015)

Sh3b0014

SH3B0014 果無峠(はてなしとうげ)に近い場所の景色
The HATENASHI pass is near.

Sh3b0016

SH3B0016 

Sh3b0017

SH3B0017 雲の上の花
A flower on the cloud.

Sh3b0018

SH3B0018 何のポールだろう?
Is it a pole for what?

Sh3b0019

SH3B0019 川と集落が見える。来し方だろう。峠はまだ先だ。
That is probably the direction which it came through.
A river and a village can be seen in the distance.
Sh3b0020

SH3B0020 屋根の上を歩く忍者の気持ち
It is a feeling which becomes the JAPANESE NINJYA who walks the top of the roof of the house.

Sh3b0023

SH3B0023 来し方を振り返る
It looks back at the way of bringing it about.

Sh3b0024

SH3B0024

Sh3b0025

SH3B0025 世界遺産石碑前というバス停
The front of the world legacy monument.

Sh3b0026s

SH3B0026 これがその石碑だ。
This is the world legacy monument.

2017年1月12日 (木)

KOHECHI A-88 (3rd of May in 2015)

Sh3b1000

SH3B1000 急な石畳
It climbs a sudden stone pavement.

Sh3b0001s

SH3B0001 高いところに池の鯉
The carp of the pond swims in the high place.

Sh3b0003s

Sh3b0003b 同上拡大(クリックしてください)

SH3B0003 誘導水と蛙の置物(手前が錦鯉の生け簀)
It is pulled, water and things of the frog.

Sh3b0004

SH3B0004 風情ある光景。
A sight with the appearance.

Sh3b0005s

SH3B0005 人家の庭先を抜けて、再び石畳を登る。昔は庭を眺める旅人を人家の人がチェックしていたのであろう。池を眺める旅人を眺める家の中の人。
It passes through the garden point of the house, and climbs a stone pavement again.
Let's be here because the person of the house was checking the traveler who looked at the garden long ago.
A person in a house to look at the traveler who looks at the pond.

Sh3b0006

SH3B0006 石畳の側にも可憐な花が見える。
住む人々の風流さが偲ばれます。
A lovely flower can be seen at the side of the stone pavement as well.
The refinement of the people who live in this house at present is remembered.

Sh3b0007

SH3B0007 ここに至ってはお花見気分になります。5月の連休の姿です。
When it reaches here, it becomes a flower viewing mood.
It is the sight of the consecutive holidays in May.

Sh3b0009

SH3B0009 ふと顔を上げると、随分高い所まで歩いてきたことを実感します。
果無峠はまだこの先です。
When a face is increased suddenly, it is realized that it walked to the very high place.
A HATENASI pass is still far.

Sh3b0010

SH3B0010 小さな苗木が見えます。こうやって人手をかけてきれいな風景を構築してきたのでしょう。まさに自然のキャンパスに絵を描いているかのようです。
A little seedling tree can be seen.
It was done like this, and hands were put, and beautiful scenery had been built.
It seems really to draw a picture in the natural campus.

Sh3b0011

SH3B0011

Sh3b0012

SH3B0012

Sh3b0013s

SH3B0013

2017年1月11日 (水)

KOHECHI A-87 (3rd of May in 2015)

Sh3b0991_2

SH3B0991 前回掲載済み。It appeared last time.
"To everyone of a KOHECHI walk."
This is the fence to prevent vegetable damage by the wild deer, the wild boar, and so on.
Open it by hand, and pass, and close the one that it proceeds.

Sh3b0992

SH3B0992 Wasn't the KOHECHI walk way of the Nara Period different from this, either?

Sh3b0993

SH3B0993 My eye was turned to the flower naturally.

Sh3b0994

SH3B0994 I think that this flower is a gladiolus.

Sh3b0995

SH3B0995 It climbs it gently.

Sh3b0996

SH3B0996 Lovely flowers.

Sh3b0997

SH3B0997 To th HATENASHI PASS, to the right.

Sh3b0998

SH3B0998 A small rice field spreads out in the flat area on the hill.

2016年10月19日 (水)

KOHECHI A-86 (3rd of May in 2015)

Sh3b0978

SH3B0978

Sh3b0979

SH3B0979 Stone pavement.

Sh3b0980

SH3B0980 Because inclination is gentle, the stone pavement of the road disappears.

Sh3b0981

SH3B0981

Sh3b0982

SH3B0982 A stone pavement is prepared at the sudden inclination and left.

Sh3b0983

SH3B0983 A scene is growing light.Is an other side a pass?

Sh3b0984_2

Please  click on the top of the image to expand.
That is said as "MIZU" with ancient Assyria word.
And Jpananese"MIZU"means a water.
SH3B0984 Oh!That it is beautiful, a scene.

Sh3b0985

SH3B0985 It takes a short rest in the good place of the view.

Sh3b0986

SH3B0986 It was not a pass.On the contrary, it still goes up.

Sh3b0987

SH3B0987 There is a flower of the azalea in its left hand.

Sh3b0989

SH3B0989 A lovely white flower.

Sh3b0990

SH3B0990 A fence is in the point, and passing is stopped.

Sh3b0991

SH3B0991 "To everyone of a KOHECHI walk."
This is the fence to prevent vegetable damage by the wild deer, the wild boar, and so on.
Open it by hand, and pass, and close the one that it proceeds.

Because there is a fence, there is a village in this point.
Is it Hatenashi village?

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

最近のコメント

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ