« 富士山登山(8)~七合目山小屋へ | トップページ | 富士山登山(10) 東京の夜景と遠雷 »

2018年9月11日 (火)

富士山登山(9)~山小屋にて

鎌岩館に宿泊した。いまどきはネットで前日予約できた。トイレ使用料を込みで夕食カレー&サラダ付で8千円也。
8月26日日曜日泊だったからよかった。しかし、現地へ到着してみると、既に満室、1畳のスペースに2人ずつ眠ることになるとのことだった。街道歩きでの一人用のテントスペースの半分で、私にはきつい狭さだった。

52

先ずは冷えたキリン一番搾り500ml(500円!)を買って、食道で一人乾杯した。

わたしよりはかなり若いがほぼ同年代のMさんが向かいに座って缶ビールを飲みながら話しかけてきた。北麓からバスを使わずにずっと歩いてきた猛者だった。

私は心肺機能が弱いので高い山は苦手、よって平地の街道歩きをやってきたと話すと、意外にM氏はいま東海道を歩いているところだという。

妙に息が合うので、箱根の日帰りでは仙石原のある山荘で白濁の硫化物泉水1000円が好適だとご紹介した。実は一人で浸かりたいから、秘湯はあまり人にはご紹介したくないのだが、つい・・・。またそこで会うこともあるだろう。

M氏の東海道歩きはまた特殊である。すべて日帰りで東京まで帰るとのこと。私はテントシュラフで13KGくらいのリュックを担いで、せいぜい1日に15㎞~20㎞くらいの歩行距離。

江戸時代の東海道は、男足で39㎞、女足で24㎞だったらしい。(東海道ハンドブックで学習)M氏は40㎞くらい歩いて、そのままJRの東海道電車で帰京するのだそうだ。

まだ沼津あたりを歩いているからそれができるが、名古屋を過ぎてから新幹線往復するのだろうか?

私はつい3万円のテントで100泊した5街道歩きの体験を紹介した。一泊300円の旅である。

M氏はテント泊に興味を抱いたようなので、神田のニッピンでメスナー式テントを求めるといいとアドバイスした。前述の3万円のモンベルがほぼ壊れたので、私は最近、5万円のゴアテックスのメスナーを買ったが、メスナー氏の特許を買って製造している日本製もなかなかいいので、3万円台で見つかるはずだとも言った。

53

1畳みにシュラフが2列置いてある。高齢故か私は一番入口に近い場所を当てられた。

トイレが近いから出入りが頻繁とか、万一倒れたら救急隊が担ぎ出しやすいなどの高齢者メリットがある。

54

リュックを置いたら寝れない。探すと店の人がフックに掛けると教えてくれた。

「こんな重いものでも支えることができるのねえ」と女性客が驚いていた。

男女まぜこぜでの雑魚寝である。トイレは別なのでそこはご安心を。

55

なんでもつりさげる、靴はトレッキングポール(杖)と一緒に布袋に入れてここへつりさげる。リュックもこれに吊るすので、出入りするときは匍匐前進のスタイルでないと体が廊下へでない。2つあるが、左端の一個が私用である、それにすべてをかける。

57

缶ビールはよく回る。2000m級の高さで飲むからだろう。M氏と別れて食堂を出て歯を磨いたが流し台に先着が2~3人いる。流し台は水は出ない。私はペットボトルの水を持参して最後にすすぐつもりだ。少し石段を登ってロープの外へ出ると「危険」だが座り心地のよい岩があった。そこに座って長々と歯を磨きつつ下界の日暮れを眺めていた。

右端の屋根のようなものは鎌岩館の別室で、星や日の出も見えるよい部屋だそうだ。

早め予約できる人はそういう部屋を確保したらよいだろう。トイレの近い私は下の端の場所が最適だった。

七合目以上の山小屋へ急ぐ人々が階段を上っていく。

危ない岩に座って歯を磨いている私を不思議そうに眺めながら通り過ぎていく。

61

下の流し台でまじめに歯を磨いている人たちも岩場に座る私の方を見上げながら歯を磨いていた。私も歯を磨きながら、流し台を占有している人々を見下ろしながら長い間歯磨きをしていた。

58

59

60

69

73

赤い顔をしたままベッドのシュラフに潜り込み、無理やり寝た。1時間ほどして夕食だというのでカレーを食べて、歯磨きをしてから寝た。・・が21時にトイレに起きた。

74

東京の夜景だ!?いや富士吉田の町灯かな?2018年8月26日21:02撮影

« 富士山登山(8)~七合目山小屋へ | トップページ | 富士山登山(10) 東京の夜景と遠雷 »

甲州街道 続編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1054607/74190455

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山登山(9)~山小屋にて:

« 富士山登山(8)~七合目山小屋へ | トップページ | 富士山登山(10) 東京の夜景と遠雷 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ