« 富士登山(1)~吉田口ルート | トップページ | 富士登山(3) 正直者は損をする下山道 »

2018年8月29日 (水)

富士登山(2)~北麓駐車場から五合目駐車場まで

苦言から始めたので、ここでは良かった点を紹介する。
御鉢巡り4㎞、7000歩として、35,000歩から差し引けば、28,000歩となる。
まあまあの距離にはなるので、体力に自信がない人は御鉢巡りは省略することが望ましい。
28年前の初回は省略したので、今回は無理をして御鉢巡りをした次第。
トイレが28年前とは雲泥の差で、改善されている。
見た目は水洗だが、水は流していない。流す構造はしているが常時は流れない。
しかし、さほどのアンモニア臭もなく、トイレが快適に使えたことは何よりだった。
28年前は鼻が曲がるほどきついアンモニア刺激臭を吸いながら、息をこらえつつ用を足したものである。なるべくトイレは嫌だから行きたくなかったが、今回は平気で何度も行けた。
この点は褒めてあげていい。関係者の努力、バイオ科学者だろうか、そういう人々の献身的努力もあったことだろう。
マイカーやバイクを北麓駐車場に乗り捨てる。
リュックをかついでバス停へ向かう。

4

写真4 五合目のバス停留所に到着。時間は結構かかったが、一眠りするつもりくらいで乗ればいいと思う。

Photo

ざっとみて15㎞くらいの距離をバスで移動する。

図1 北麓駐車場と富士山五合目駐車場(google mapより引用)

5

写真5 坂の上にレストランや公衆トイレがある。

6

写真6 北アルプスだろうか、きれいな山並みが見える。私は山には詳しくはないが、中央寄りにあるギザギザ峰の八ヶ岳(ヤツガダケ)だけは見分けられる。山梨の日帰り温泉通いでなじみなった景色である。

7

写真7 外国人の観光客が多いようだ。

8

写真8 周囲は中国語、韓国語、英語、アジア諸国の言葉が乱れ飛ぶ。たまに日本語も聞こえる。日本人は意外と寡黙なので目立たないのだろう。

9

写真9 登山口はどこだろうか?うろうろしながら交通整理員に聞くと、建物の右手を奥に入れと言われた。さあ、28年ぶりの富士登山だ。68歳の肉体と精神が果たしてこの偉大な山に通用するのかどうか・・・。不安と期待が錯綜する。ヨットレースの五分前!の感覚だ。

« 富士登山(1)~吉田口ルート | トップページ | 富士登山(3) 正直者は損をする下山道 »

甲州街道 続編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1054607/74122454

この記事へのトラックバック一覧です: 富士登山(2)~北麓駐車場から五合目駐車場まで:

« 富士登山(1)~吉田口ルート | トップページ | 富士登山(3) 正直者は損をする下山道 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ