« 走ることから始まる硫黄泉 | トップページ | 大山登山(1)~四国御遍路に向けてトレーニング »

2018年5月28日 (月)

さあ、準備しましょう。まずは貯金から・・・

9_3

例の旅の企画です。そう、大涌谷で決心した四国お遍路の旅。

Photo_11

「四国八十八ヶ所霊場会公式ホームページ」より引用
www.88shikokuhenro.jp/
えっと!山の中まで入っていくのですか。街道歩きよりも大変ですねえ。
サイト「お遍路の基礎知識 お遍路 巡るめく四国」にはいろいろ基礎知識が書いてあります。サイト掲載は高野山金剛峯寺のお仕事です。
 
四国は空海、弘法大師の生まれ故郷ですので、その地の観光振興に貢献しているようです。
https://www.shikoku.gr.jp/pilgrimage/readme/index
 
空海は、もともとは佐伯真魚(まお)という学僧ですが、佐伯氏は確か四国讃岐の豪族であったと記憶しています。88か所のお賽銭は当初は親戚一同の佐伯氏が回収していたはずです。私も88円を用意いたします。
 
詳細は省略しますが、以下の項目が列記されています。
 
1)平成26年に霊場開創1200年。 そもそもお遍路って?
2)お遍路とは
「順打ち」「逆打ち」? 巡礼の順番は?
どこから始めてもよいお遍路ですが、一番札所から番号順に巡る「順打ち」が一般的な巡礼方法。八十八番から巡礼することを「逆打ち」といい、順打ち3回分のご利益があると言われています。その他、「通し打ち(すべての霊場を一遍にめぐりきること)」「区切り打ち(適当に区間を区切って巡る)」「一国参り(一つの県を国として巡ること)」などがあり、自分の体力やペースにあわせ、巡り方を選びましょう。
 
3)移動手段は?
4)四国遍路と高野山の関係
以下略。」(一部を抜粋しました)
 
肝心なものは、生きている限りお金です。
いくら意思があってもお金がなければ実行できません。
 
一体いくら貯金せねばならないのでしょうか・・・?
 
「四国八十八箇所の意味とは?お遍路って何?順番や距離、費用は?(日本文化研究ブログ)」という丁度良いサイトが見つかりました。
コピペ禁止なので、ポイントだけ抜粋します。
http://jpnculture.net/shikoku88/
 
①順打ち、逆打ちの移動距離は1400㎞
②総費用は、401,788円+土産代α=50万円というところでしょうか。
八十八か所の札所(寺)に払う納経帳への捺印代 300円×88=26,400円
歩き遍路49泊(50日)×5000円/泊=245,000円
食費2000円/日×50日=100,000円
バイク駐輪場代 500円/日×50日25,000円
ロープウエイ往復賃(#21、#66、#85)=2,400+2,000+900=5,300円
お賽銭 1円×88か所=88円
 
神奈川県からの交通費は高速道路代とバイクガソリン代が別途必要となりますが、運転手は自分なので労賃は無料です。ざっと10万円として、総計60万円貯金をしましょう。
 
歩くのに「適した季節は春と秋」と書いてありますが、街道歩きでもそうです。
夏と冬はそれなりに体力面でリスクは増えます。
さあ、これから、まずは貯金です。
10回お遍路するなら、600万円貯めましょう・・・。
 
長生きしなければできない技です。

« 走ることから始まる硫黄泉 | トップページ | 大山登山(1)~四国御遍路に向けてトレーニング »

四国お遍路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1054607/73575356

この記事へのトラックバック一覧です: さあ、準備しましょう。まずは貯金から・・・:

« 走ることから始まる硫黄泉 | トップページ | 大山登山(1)~四国御遍路に向けてトレーニング »

最近のトラックバック

最近のコメント

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ