« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月27日 (水)

燃費チェック

9月25日、中川温泉へ、行き東名高速、帰り国道246で27.1km/L
 
9月27日、国道20号線を秋山温泉へ往復190㎞で、31.6㎞/Lだった。
 
VTR-F250の25㎞/Lに比べれば、400Rの燃焼効率は立派な数字だった。
 

Bunax_2

ブナの湯2階休憩室より

400r_2

2017年9月16日 (土)

中野不動尊 詳細

山形の滑川温泉日帰りの行きの途中で発見しました。
東北自動車道福島逢坂ICで国道13号線を米沢市へ向かって走っていると、姥湯温泉への曲がり角のかなり手前にありました。
ついでだから不動尊に参拝してきましょう。
中野不動尊-wikipediaより抜粋します。
 
「中野不動尊(なかのふどうそん)は、福島県福島市飯坂町中野にある曹洞宗の寺。
中野山大正寺と号す。
日本三大不動尊のひとつに数えられる。
 
約820年前に開かれたといわれる。
1179年(治承3年)春、恵明道人が1匹のカモシカに導かれ当地に入山し、
未踏の地であった中野の山中に洞窟が人々により長きに渡り掘られ、各施設が建立され寺院として整備されていった。
境内には厄除・眼守・三ヶ月の三不動明王が祀られており、日本における六三除けの祈祷発祥の地といわれている。」(抜粋終わり)
 

4

中野不動尊4
滝の上には太い締め縄があります。
滝の左下に立っているのは弘法大師ではないだろうか?
 

5

中野不動尊5
これが不動尊かなと思って小僧さんに聞くと、本殿奥の鏡の裏側に不動尊はおられるので、参拝客には見えないとのこと。
これは不動明王像には違いないだろう。
高幡不動でよくご尊顔を拝んでいます。
 

6

中野不動尊6
ここにご本尊がいるそうだ。
 

7

中野不動尊7
賽銭箱、鈴のそばに蝋燭立てがあり、その奥に岩を彫った祠(ほこら)がある。
奥に鏡が見える・・・「ん??」アマテラス?
弘法大使の教えに神が登場してもおかしくはない。
まず仏教は日本列島に浸透する際に、日本の古代神道と修験道の中で習合したように思われる。
だから仏と神は仲が良い。
中近東の一神教同士の殺し合いに比べれば、東洋の宗教はほのぼのとしている。
 
また、どうやら釈迦も宇宙創造の神に近いものを考えていたようです。
大日如来とそれを名づけて仏教の中で最高位置を与えています。
 
大日如来を現代風に訳すと、「大きな太陽(日)が来るが如し!」となる。
それは天照大神そのものに見えます。
こんなことを考えながら、鏡の奥に隠れておられるというご本尊様、たぶん中野不動尊に家族と親戚一同の無病息災を祈りました。
 

8

中野不動尊8
本堂の左手にはこのような石のトンネルがありました。
中は彫りやすいらしい花崗岩のトンネルでした。入り口だけ小石を積み重ねたトンネル姿でした。
 
暗そうだし、中からうなり声のようなものが聞こえるし、なんだか怖いので入るのをためらっておりました。
 
さきほどおばあさんが一人ですたこらと中へ入って行きました。
 
小僧さんが私の姿に気づいて、教えてくれた。
 
「中には童子像が沢山彫ってあります。
洞内はアナウンスにて童子を紹介していますし、中は照明で明るいのでご心配なくお入りください。」
 
もし中で捕らわれの身になってもいいやと覚悟を決めて、大滝の裏側を彫って周回できる長いトンネルに入って行きました。
 

9

中野不動尊9
童子がありました。銅製です。祠が岩を彫って作ってある。
 

11

中野不動尊10
いろいろありますが、きりがないので、これくらいにします。30体以上あったかもしれません。
 

12

中野不動尊11
やっと滝の反対側から出口へ出られました。「ふ~!」
出てきて気づいたのですが、弘法大師の信仰であれば、般若心経(はんにゃしんぎょう)をトンネルの中で唱えながら歩けばよかったと気づきました。
四国お遍路もそうです。
 
「色即是空 空即是色(しきそくぜくう くうそくぜしき)」の「あれ」です。
 
色鮮やかなお嬢さん!そのうち色もあせて白髪となり、骨と皮になり、死んだあとは骨しか残りませんよ。空っぽになります。
色(しき)はすなわち、これ空(くう)なり。
 
そんな空っぽなむなしい人間の体ですから、今色鮮やかに輝いている若いその時期に、思い切り恋愛をし、仕事に熱中し、仲間と生活を楽しみなさい。
いま楽しんでおかないと、いずれは空っぽになるんですからね!
「くうそくぜ~しき」はそういう意味です。
「がんばれ!」って元気づけてくれる句です。
これが最も短い釈迦のお経「般若心経」の中で一番私が好きな一節です。
 
「しきそくぜ~くう くうそくぜ~しき!」(合掌)
 
田んぼのそばに曼殊沙華の赤い花が咲き始めました。
母の命日にが近い印です。
 
遠く武蔵野の関東から九州の空っぽの母の骨に向って、「しきそくぜ~くう くうそくぜ~しき!」

F1000061

朝の通勤途上で見た近所の曼殊沙華

2017年9月13日 (水)

中野不動尊 次回掲載予定です

F1000043

山門

F1000029

奥州街道よりかなり山奥へ入った米沢市手前にある不動尊です。

10年ほどまえに東京日本橋から津軽三厩宿(つがる みんまやじゅく)までの730㎞を自分の足で歩いたことがあります。

そのとき地元の人に、あなたの1週間前に東京から40歳の女性が一人旅で歩いて三厩宿へ着きましたよと言われました。私の快挙も・・・たいしたことではなかったと・・・。

そのときに廣幡八幡大明神などの神社を岩手県の田舎で見て、大陸から到来した中国文化よりも、東北の信仰のほうがより日本的ではないかと感じました。

廣幡は幅の広い旗のこと、八幡は多くの旗の意です。

チベットの山岳信仰に両者があります。私は次の引用写真が廣幡八幡だと思っています。

私の読みの推理はこうです。「ヒロバーン、ヤーバン」

ヤーバンはヤハヴェ、ヤハウェに通じると思っています。

「ヤハウェは旧約聖書における古代イスラエルの唯一神の名である。」(ヤハウェ-wikipediaより)

仏教でいえば宇宙の唯一神は大日如来です。

ザビエルにインドマラッカでデウス(神)の和訳を頼まれた薩摩藩士ヤジロウは、大日如来と訳しました。どこかで中近東の信仰と一つにつながる信仰を私たちの祖先はもっていたのでしょう。

Hirohata_yawata

「【秘境】オフシーズンのラダック地方、レーを旅してみた話【インドのチベット】」より引用

https://chiangmai-ch.com/india/leh

製鉄技術はスキタイとかヒッタイトという騎馬民族の保有した技能で、敵への漏洩を防ぐために製鉄方法は口伝としたそうです。

日本の国へ製鉄技術を朝鮮半島を経由して伝えたのもその民族であることは間違いないでしょう。そして日本の最初の国営製鉄所の基幹製鉄所は、北九州の八幡製鉄所であり、姫路の廣幡(正しくは広畑)製鉄所だったのです。それぞれが八幡製鉄と富士製鉄の本社所在地となりました。

吉野ヶ里遺跡の部落長の家屋の前にも、広い旗と沢山の旗が飾られていました。

あとで報告しますが、ここでも廣幡八幡大明神神社を訪問したときに感じた「それ」と同じ印象を持ちました。

東北の方が本当の日本国ではなかったか・・・と。

兄弟げんかでお前の母さんでべそ~!と言い合いますが、日本人の東西が分かれて、相手が外国人だと言い争った時期はあったのではないか?

結果、武力統一できた勢力が、大和民族を名乗り、負けた方が蝦夷と名付けられた。

元は兄弟だったのに・・、ということではなかったのか?

 

歴史学者が本来の仕事をきちんとすることに期待しましょう。

2017年9月11日 (月)

山形の秘湯・・・日帰り

とてもいい湯質でした。さすがは山形です。

燃料と高速道路代を含むので、入浴料は500円と格安でしたが、総コストは高い日帰り湯でした。
 
目的はVTR-F250との最後のツーリングを、できるだけ長く楽しむためでした。
片道300㎞を往復してきました。
 
午前2時40分、川崎市の自宅発、
東名高速⇒首都高速中央環状線⇒東北自動車道、福島逢坂ICで下車、国道13号線を米沢市方面へしばらく走ってから、「姥湯温泉左へ」の看板を見て県道54号線へ左折し、道なりに、案内なりに進む。
 
姥湯(うばゆ)温泉と並んで滑川(なめがわ)温泉の案内看板が立っているので迷うことはないでしょう。姥湯の手前に滑川がありますので、姥湯の標識に従えば滑川に着きます。
 
午前9時40分米沢の山奥の旅館に着。
日帰り入浴できますが、時間帯と湯船に制約がありますので、サイトで確認していくといいでしょう。電話問い合わせすれば間違いない。
 
「米沢 秘湯の宿 福島屋
滑川温泉 福島屋
電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0238-34-2250
http://www.namegawa-fukushimaya.com/
 
ご予約はこちら
 
皆様に支えられ、200余年、14代にわたり湯守をしております。
設備の整わない古い宿ではありますが、宿周りの景観と湯質の良さで、長年いらしてくださる方も、多くいらっしゃいます。
ご来館をお待ち申し上げます。
 
平成29年の営業を4月27日より開始しました。
ここまで来た甲斐があった、と思える温泉。」(旅館のHPより抜粋)
 

06

川沿いの露天風呂、硫黄を含むから川の鉄分がさびて赤い色をしているのかと納得しました。内風呂も日帰りで入れますが、地元の人は多くが内風呂に入っていましたので、そちらが湯治にはよろしいようです。私は風景が大事だから温めの露天だけに浸かりました。

Photo_4

湯船の隣に赤い岩と緑の苔

Fukusima_ousaka03

東京~福島逢坂IC

05ya

福島市街と滑川温泉(左端の赤い印) 
国道13号線を西へ向かう途中、福島~山形県境を越えて、米沢市手前で姥湯温泉方面の看板で山に入り、8㎞登る。自動車もいけますが、離合は気を使います。運転初心者はやめた方がいいでしょう。

「落石注意」と右の崖、左は「崩落注意」と崖崩れ進行中の場所も、いくつかありました。

7時間走って、30分間入浴、6時間走って帰宅。行きは安達太良山のふもとのPAで仮眠1時間含む。

「ここまで来た甲斐があった、と思える温泉」は実感です。
 
温泉は、「これだけあれば幸せ」と感じさせてくれます。
硫黄の香りもほどよく乳白色の湯質は最高でした。
 
「泉質
含硫黄-ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉(低張性中性温泉)
 
温泉街
標高850mの山中に一軒宿の「福島屋」が存在。近隣には日本の滝百選にも選ばれている滑川の大滝がある。
 
歴史
発見は1742年。(米沢藩の)郷士斎藤盛房が、川中で足を滑らせ転倒した際に高温の石に触れ、温泉を発見した。温泉名もこれに因み、川で滑ったことから滑川となった。
 
一軒宿は1763年に、米沢藩の許可を得て開業。湯治場として賑わった。その名残で余裕が有る場合は一人でも宿泊を受け付けてもらえる。また現在も自炊部が存在しており長期の湯治に便利。」(滑川温泉-wikipediaより)
 
米沢藩か・・・。
 
山道を8㎞も越えて走りながら、江戸末期の米沢藩の内情に思いを馳せました。
家康の命令により会津100万石から米沢30万石に配置換えされた上杉家の侍たちの山越えの旅を想起しました。
 
同じ頃、ヒロシマの毛利藩も領地を半減以上されて、瀬戸内海防府あたりから山を越えて萩へと城を移していました。
 
この仕返しはいつかやってやると心に念じながらの山越えでした。
 
毛利藩はそれから300年後に明治維新により徳川幕府を壊滅させました。
 
その頃、ここ米沢で上杉家家臣団はどうしていたのか、今後考えてみたいテーマが生まれました。
 
臍(ほぞ)を噛む気持ちは毛利も上杉も同じだったはず。
 
しかし上杉は忠臣蔵事件で肝を徳川方に抜かれはしなかっただろうか・・・。
吉良の長男が当時の上杉藩主だった・・・。
赤穂浪士の半数は千代田区内)江戸城下大番組居住区)に仮居住を黙認したとか、赤穂事件は幕府演出の臭いがします。
 
以下に途中の景色などを掲載します。

Photo

安達太良山(安積PAだっかしら)

Photo_2

左から二つ目の山が安達太良山。活火山なんですってね。滑川、姥湯のよい湯質と安達太良山の火山鉱脈とは地下でつながっているのではないかと感じました。別府の湯と鶴見山との関係のように。

Photo_3

PAのベンチで早朝仮眠しながらあおむけ撮影。

この空が欲しいと智恵子は言った・・・。

01

01こんな山道を8㎞も登ります。

02

02 すれ違いやっとの山道、交通安全意識をもっていないとぶつかります。

03honda_vtrf250

03 愛車HONDA VTR-F250(250cc)と滑川温泉福島屋旅館全貌

排ガス規制強化でたしか今年で生産終了。現在在庫のみ販売中。

いずれ幻の名車になるでしょう。

3年間乗車し、追い越し時瞬間では152㎞/hを確認。走行距離34,000㎞。

レンタルバイクで体験した限りでは、並みの250ccクラスであれば、120㎞/h、せいぜい130㎞/hが最高速度だろうと思われます。

04

04  右手の川沿いに湯船の群れ、赤さびの川

05 川沿いの小さな露天風呂(前掲)

05

06 ちゃんとバイク駐輪場が敷地入口にあるのはありがたい。

06_2

07 旅館の壁

07

07 コインロッカーはないので自己管理を。

09200

08 米沢藩公認温泉以来、200年の歴史

参考)なぜ赤穂浪士の討ち入りで吉良上野介の実子で米沢藩上杉家の養子藩主となった上杉綱憲は、父親救出の為の援軍を差し向けなかったのですか?

吉良邸には実父だけでなく、吉良家に養子入りした綱憲の実子、吉良義周までいたのに。
家老に止められたからですか、外様大名の米沢藩が江戸市中で兵を動かして、私闘に及べば改易の口実を幕府に与えるようなものです。

それとも、綱憲自身が「父や息子可愛さで兵を動かして、改易されるような事があってはならぬ」と援軍を主張する家老の意見を退けたからですか。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13106198863

minamimachi5さん
2013/4/2510:00:54
補足

幕府的には外様の上杉は改易したいので私闘・援軍大歓迎でしょう。
まして上杉は関ヶ原で西軍側だった訳ですし。
上杉ひいきだった幕府の実力者、保科正之(時の将軍綱吉の叔父、三代将軍家光の異母弟)も亡くなっていますし。

「ベストアンサーに選ばれた回答」は上記サイトでご覧ください。

 

2017年9月 6日 (水)

普通より多いアクセスに感謝 サウジに負けた日

どのメディアを見ても、このブログのようにサウジアラビアに日本が負けると騒いでいた、昨年から騒いでいたメディアはなかったことでしょう。
そのおかげで、いつもは4~5人の親しい人しか見に来ないこのブログに多くの人が来てくれました。
とくにサウジに負けたあとで、急にアクセスが増えたことは面白いと思います。
なぜ私が負けると予想できたのか、その考え方を見たかったのでしょう。
私の程度の素人分析は手倉森さんがチームに居るのですから百もご承知のはず。
ただ監督が・・・ではなかったか。
オーストラリア戦は監督の意見を押しのけて、日本人による選抜を行ったのではないかと推理しています。そうではなかったのかもしれませんが。
メディアには底を掘り下げてほしい。
もしそうならば、即刻今の監督は更迭すべきです。
真実は如何に!

Photo

日本代表はサウジアラビアに負けた!やはり・・・

このブログを午前4時過ぎに多くの方が見にきてくれていました。ありがとうございます。
私の意見を見たかったのでしょうが、寝ていました。朝7時前に原稿をあげたところです。
 
「今朝の試合」は「手を抜いたら負けた。」そういう感じでした。
 
私はサウジアラビア戦が天王山だから負けないように注意すべきとの記事を昨年来三回くらい掲載していました。
 
サウジの監督は「相手が疲労した後半の15分くらいに仕掛けてきます。」
「サウジアラビアの要注意人物を若干ご紹介しておきます。10番、19番、12番が要注意です。」
、と警告しておきましたが、
今朝の試合は、後半の17分11秒にやはりサウジが得点していました。
ゴールを決めたのは後半から投入された19番ムアラドでした。
 
「FW19番 ファハド・アル・ムワッラド 
サウジアラビアのアル・イテハド所属、2011年以来69試合に出場し、19得点を挙げている。
元U-20同代表の21歳
途中投入されて、日本代表の浅野拓磨のような働きをするギアチェンジャー。浅野よりも数段切れる。」
とも書いておきました。
 
また、「ファンマルバイク監督は、日本に対しては「 1:0 」でも勝てる、と思っているかも知れません。
であるならば、例えばサウジは全員自陣に下がって完全守備に徹することで失点ゼロをつくる。
80分経過後に19番ファハドを投入してチームのギアチェンジをして、残り10分間で1点をもぎ取りに行く、という日本向けの作戦を私なら思いつきます。」
、とも書きました。
 
「それみたことか・・・」でした。
 
以下、一番新しい過去記事からサウジアラビアに関する下りだけ再掲します。
 
2016年10月12日 (水)
サウジアラビアは、10番、19番、12番が要注意(再掲)
昨日(2016年11月11日)オーストラリアに負けたら終わりだと思っていましたが、勝ちもせずに引き分けるとは、予想を裏切られました。
 
原口は昨日のような「元気」余った守備をゴール前まで戻ってきてやって、ペナルティキックを相手に与えたことが最近の試合でもありました。
またか・・・、という印象でした。

ディフェンシブに戦えという監督の指示が生んだ「元気」オーバーだったと思います。

むしろ原口にはトップに残っていて、守備には帰らないでよいと言ってあげるほうがよいでしょう。彼の元気な攻撃は、「アジアレベル程度の相手」には極めて有効です。

「元気」の弱みを利用して負けるより、強みを伸ばしてあげるべきでしょう。

予想外でしたが、その結果やはり次のサウジ戦が天王山になりました。

9月7日に掲載した記事を再掲しますので、コーチ、監督の皆さんはぜひお読みください。
昨日のサウジ、UAE戦は3;0でサウジ圧勝でしたが、終盤に2点続けて入れています。

日本が初戦ホームゲームで負けたUAEがサウジに負けたのです。
どれだけ日本が弱いかわかります。

オランダ人監督のオランダ流サッカーは花開いています。
サウジにいる「ロッペン」にご注意を!
以下、過去記事再掲。

中略。
 
それに比較して、浅野拓磨のゴールは格好悪かった。
相手のキーパーは一次予選無敗の腕利きだとはいえ、1対1での仕掛けでした。Jリーガーのままでは一流であっても国際試合に通用しないということでしょう。Jリーグでは一流選手ですが・・・。
 
浅野は、最近(2016年8月26日)、ドイツ・ブンデスリーガのシュトゥットガルトへの1年間移籍が発表されましたので、今後は国際試合で恰好いいゴールを決めきれる選手に成長することを期待します。
録画して同じ日にあったイラク対サウジアラビア戦を見ました。
 
これで2敗し戦意喪失したイラクと10月6日に日本は当たりますが、これは楽に勝てるはずですが、これを引き分けるとなるとワールドカップの道は閉じてしまうことでしょう。
 
11月に戦うサウジアラビアはオランダ人監督の戦術が侮れません。
 
ファンマルバイク監督(オランダ)は2010年南アフリカワールドカップ大会でオランダ代表を準優勝へ導いた監督です。
相手が疲労した後半の15分くらいに仕掛けてきます。
 
サウジアラビアは、10番、19番、12番が要注意です。
互角の試合になるものと予想しています。
これに勝った方がワールドカップへ行く最後の1枚の切符を手にする可能性が高いでしょう。
サウジアラビアの要注意人物を若干ご紹介しておきます。
10番、19番、12番が要注意です。
 
DF12番 ハッサン ムアズ・ファッラータ(アル・シャバブ所属)
2006年のウクライナ戦ではFW登録して出場している選手。昨日のイラク戦でも後半30分過ぎに相手ゴール前までドリブルで切り込み、PKを得ている。後半にDFがFWに変身するということだ。
 
MF10番 ナワフ・アラービド (アル・ヒラル所属)
2014年ガルフカップMVP
今大会、いずれもPKで3得点を挙げている。
業師(ワザシ)である。
 
FW19番 ファハド・アル・ムワッラド 
サウジアラビアのアル・イテハド所属、2011年以来69試合に出場し、19得点を挙げている。
元U-20同代表の21歳
途中投入されて、日本代表の浅野拓磨のような働きをするギアチェンジャー。浅野よりも数段切れる。
 
サウジアラビア代表メンバー発表(2016.8.15発表)の中に、
「大会最高得点14ゴール中のアルファ・ファラウィは怪我のため外れている。」と付記がありました。もしこの人物の怪我が快復して代表入りすればかなりやっかいなチームへと変わりそうです。詳細は不明です。
 
最後に、サウジアラビア代表監督の7年前の発言を紹介しておきます。
日本代表の得手不得手もよくご存じのようですので、戦術もすでに決まっていることでしょう。
 
「オランダ代表監督・ファンマルバイク 「我々にとって日本はやりやすい相手だ」 ~南アW杯対戦国研究~」より抜粋します。
http://number.bunshun.jp/articles/-/12445
 
「日本とは9月に対戦したが見た目ほど簡単な試合ではなかった。3-0で勝利したが内容にそれほど差はなかったと思う。日本は得点力に少し問題があるが、危険な相手だ。過小評価してはいけない」
 
 W杯抽選後のファンマルバイク監督の言葉だ。油断してはいけないという意味では多少は本音の部分もあるかもしれないが、こういう場での模範的回答だろう。
 
 実際は日本と同じグループに入り、ほくそ笑んでいるに違いない。日本と親善試合を組んだのもW杯前にオランダにとっては未知なアジアのサッカーを経験しておくためだった。それが幸運にも、わずか数カ月前に戦力を丸裸にし、既に分析が終わっている国と再戦することになったのだ。喜ばないわけがない。」(抜粋終わり)
 
日本は・・・、今でも得点力に大いに問題がある、のである。
ファンマルバイク監督は、日本に対しては「 1:0 」でも勝てる、と思っているかも知れません。
であるならば、例えばサウジは全員自陣に下がって完全守備に徹することで失点ゼロをつくる。80分経過後に19番ファハドを投入してチームのギアチェンジをして、残り10分間で1点をもぎ取りに行く、という日本向けの作戦を私なら思いつきます。
 
「公式FIFAランク(更新日:2016年08月11日)によれば、 
http://soccer-foot.com/fifaranking/
 
2次予選第1節で日本が負けたUAEは世界70位です。
10月6日に日本が第3節で当たるイラクは85位です。
 
「次はイラクに勝って当たり前」との前提でいえば、ロシアW杯行き決定の天王山になるサウジアラビアは93位、世界61位のオーストラリアにも勝たねばならないので、なかなか大変な道でしょう。
 
で~、9月6日のサウジアラビア対イラクは2:1で下位のサウジアラビアの勝利となりました。イラクはFWアブデゥルサハドのゴール前での切り返しによる技ありの1点で、サウジは10番ナワフのPKゴールによる2得点でした。
ところでわが日本代表はというと、世界56位です。
ランキング通りなら全戦全勝してもおかしくはないのですが・・・。
 
リオ五輪で金メダルのブラジルが世界5位というところを見ても、ランキングはさほど当てにならないようです。

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ