« 騎馬民族の傷癒し湯 | トップページ | 巣が消えていました! »

2017年4月29日 (土)

巣の中に、一羽?それとも二羽???

今朝巣の傍を通過したとき、巣には1羽しか見当たらなかったように見えました。

兄弟ヒナは巣立ったのでしょうか?

それとも、母鳥が次の卵を抱く準備に入ったのでしょうか?

会社へと駅へ急ぐ途中のことですので、詳細に調べるわけにもいかずそのまま通過しました。

Photo

しかし、通りがかりに立ち止まって一枚だけ撮影しました。これがその画像です。

左に頭を向けて、母鳥そっくりの羽の柄です。しかも躯体は親鳥に似ているくらいに目立ちます。

一羽が蛇かトンビに食われてしまい、巣には巣立ち前の兄弟一羽だけになった可能性もあります。

あるいは無事に巣立って、兄弟のどちらかがたまに実家に遊びに帰ってきたのかも知れません。羽柄が親子兄弟ともに同じなので大きさが近づいてくると大変識別が難しい。

私が中学生のころ田舎の実家で鳩を飼ったときは、オスは血統証明付きの南洋鳩という白地に黒い羽の大きめの鳩で、メスは彼が山へいったときに連れて帰ってきた山鳩でこの巣の母鳥に似ていました。
生まれた子は柄もいろいろなので見分けができていたのです。

しかし、ここは両親ともに同じ柄のように思われます。上の写真を拡大して巣の中を見てみましょう。

Photo_2

2倍に拡大すると2羽が重なっているようにも見えてきました。
兄弟ともに頭は左にあり、くちばしがほぼ重なっています。

弟がほとんど兄さんの体の影に隠れているような塩梅です。

奥のくちばしの位置が、それを延長したときに手前の鳩の目の位置とずれを生じるので、2羽の映像ではないかと気づいた次第です。

鮮明度が低いので何とも言えないところです。

明日見て巣に2羽いたら、ずっと2羽でいたことになるでしょう。

明日が待ち遠しいですね。

« 騎馬民族の傷癒し湯 | トップページ | 巣が消えていました! »

閑話休題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1054607/70417303

この記事へのトラックバック一覧です: 巣の中に、一羽?それとも二羽???:

« 騎馬民族の傷癒し湯 | トップページ | 巣が消えていました! »

最近のトラックバック

最近のコメント

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ