« 今朝福島で震度3、そして川崎の今日の放射能・・・ | トップページ | 金メダルへ!スマイルジャパン!(アイスホッケー日本女子代表) »

2017年2月11日 (土)

The world legacy KOHECHI (The A-102th piece. (3rd of May in 2015)

Sh3b0060s

SH3B0060

Sh3b0061s

SH3B0061
これらは「つづらおれ」ではないでしょう。
 
「つづら折れ(つづらおれ)、またはつづら折り(つづらおり)とは、
勾配を上り下りする道が、ジグザグ状に急カーブの折り返しで連続している様子をいう。
漢字では九十九折とも書く。
 
また、幾重にも曲がりくねった動物の腸に似ていることから、漢語的に羊腸小径(ようちょうしょうけい)と表現されることもある。
 
折り返しとなっている急カーブは、髪留めの一種であるヘアピンに形が似ていることから、
英語に由来するヘアピンカーブ(Hairpin curve)、ヘアピンコーナー(Hairpin corner)と呼ばれることもある。」(つづら折れ-wikipedia)
 

Sh3b0063

SH3B0063 仏像か

Sh3b0064s

SH3B0064 聖観世音菩薩像と見える。頭に11個の人面を抱いているようだ。11面観音菩薩はこの国の11の神と釈迦の習合を意味する。
なぜこの国には11の神なのか、考えたことがある。
神無月には神々はすべて出雲へ里帰り集合するので、10月は神がいなくなる。
つまり1年に11カ月は神がいるというわけだ。
そういう神々の国に釈迦の教えが舞い降りてきた。
山岳修験僧は神々と仏教の合体を編み出して、争うことを避けたのではないか。
11の神々を頭に抱く釈迦の姿は、ありがたくもあり、偉いものである。
イスラム国のリーダーよ、和合を大事んした日本の智慧に学べ!

« 今朝福島で震度3、そして川崎の今日の放射能・・・ | トップページ | 金メダルへ!スマイルジャパン!(アイスホッケー日本女子代表) »

熊野古道歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1054607/69564991

この記事へのトラックバック一覧です: The world legacy KOHECHI (The A-102th piece. (3rd of May in 2015):

« 今朝福島で震度3、そして川崎の今日の放射能・・・ | トップページ | 金メダルへ!スマイルジャパン!(アイスホッケー日本女子代表) »

最近のトラックバック

最近のコメント

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ