« 「横浜点滴殺人事件(15) 臨時立入検査 | トップページ | ナツメヤシ並木@R16 »

2016年10月10日 (月)

ゆ・・・宮沢湖温泉 喜楽里別邸

この湯は、首都圏オススメ日帰り温泉 ランキングで1位だそうです。
 
宮沢湖温泉 喜楽里別邸
http://www.yurakirari.com/kirari-net/miyazawako_top.php
【場所】埼玉県飯能市大字宮沢27-49
【営業時間】09:00~24:00(年中無休)
日帰り入浴だけでしたら、大人1000円です。
 
2日間雨で足止めされ、ようやく今朝、首都圏オススメ日帰り1位の湯を確かめに行ってきました。
 
国道16号を北上して、入間ニトリの先の交差点(三叉路)で国道299号へ左折し、飯能警察署の手前の信号で県道(あるいは市道か)30号へ右折し、しばらく進むと、坂の病院を通過してからまもなく左手に広い駐車場が見えてくる。
 
広い喜楽里の駐車場で停めるが、バイクはさらに玄関横の駐輪場(さほど広くはありません)に駐車してもよいです。

Sh3b0292

午前9時の開館までまだ1時間ほどあるので、狭山方面へと市道を転がしていると、品のよい珈琲館を見つけました。

Sh3b0290

看板には、「高倉町珈琲 TAKAKURA MACHI COFFEE」とあります。
http://takakuramachi-coffee.co.jp/

Sh3b0291

館の品の良さに惹かれ入りました。むしろ目立っているかもしれません。
 
ブレンド(高倉ブレンドのようです)珈琲に野菜とパンと卵のセット。
熱して加工した卵で、カップの下の方にはポテトサラダも熱々で敷いてありました。
フレンチの雰囲気を味わいました。
 
極め付けは、本当に新鮮野菜です。
これほどみずみずしい野菜を食べることができるのは、やはり狭山付近だからだと思いました。
レタスを噛むと「パリパリ、ジューッ」という印象が口中に広がります。
 
珈琲は温かさもほどよく、とろみがあり、癖のないやさしい味でした。
お代わりができそうな珈琲でした。
 
エッグスラット 302円
ブレンドコーヒー420円
計       722円でした。
 
モーニングセットとしてはやや高めですが、東京なら高級ホテルで2000円程度に相当するか、それ以上でしょう。
まず東京でこういう新鮮野菜を手ごろな料金で口に入れることはかなり難しいでしょう。
 
しかも、経営者(らしい)人の書いたお店の公式サイトの
「高倉町珈琲の思想 ~ 横川竟のささやき ~」
http://takakuramachi-coffee.co.jp/
 
を読みますと、お客様の健康と満足感をさりげなく徹底追及している店舗運営思想がこの価格と食材調達や管理に含まれていることを知れば、この価格は安いと言えるでしょう。
一部を抜粋します。
「食の安全
2016年09月30日
「食」のビジネス
先日の夕刊に「消費者団体が米国ファーストフードの大手企業に対して、食材からの『抗生物質・人口添加物』の排除を強く要望」という記事がありました。これは大きな時代の変化です。
 
中略。
「抗生物質を与えた鶏肉の使用を中止する」「牛肉や豚肉でも使わないように要求する」「人工着色料や保存料を使用しないようにする」これらの表現はどれも今は使っているということです。抗生物質が体に入ってしまっていると、自分が抗生物質の必要な時にはもう「効かない」という耐性菌になってしまうことがあります。
 
「使わない」ことを続けることは大変です。例えば有機野菜を使うメニューは品切れになることがあります。でも、それは仕方ないこと、「今は品切れです」とはっきりお知らせすることがお客様への約束なのです。
 
安全なものを探して、作って、お客様にお届けする、そうすると安心していただける、それが信頼への道につながる、食のビジネスとは、このことの繰り返しでしかありません。」(抜粋終わり)

Sh3b0289

ホテルロビーのような内装や椅子などに包まれて、ゆったりした時間を過ごしているうちに、つい眠りそうになりました。
 
周囲を見渡すと、早朝ですが書物や雑誌を読んでいるお客さんが多かったように思います。
 
そうそう午前7時からオープンは早朝ドライバーの私にはありがたいです。
 
さて、9時に近づきました。
「首都圏オススメ日帰り温泉 ランキング」の1位の湯に入ってきます。
https://www.rankingshare.jp/rank/dczcntyjyl

Sh3b0284

「1位 宮沢湖温泉 喜楽里 別邸 - 湯楽の里・喜楽里
出典:4travel.jp
「宮沢湖畔の高台に佇む、森に囲まれた閑静な温泉施設です。未就学児お断りの大人の為のスパリゾートとして、静かに温泉に浸かりたい地元の温泉愛好家や、登山客に大人気です。以下略。」(同上より抜粋)
確かに静かでした。祝日なのに。
 
アルカリ単純泉というのは、湯があっさりしている感じがしますが、ぬるぬる感があると温泉HPには書いてあり、私にはよくわかりません。
 
私は硫黄の香りが少して、わずかに白濁、あるいは青みがかった白濁湯が好みですが、箱根や安曇野や別府などでないと日帰り湯で見つけるのは難しいです。
 
アルカリ泉でも二の腕をこすってぬるぬる感があれば、それだけで湯質は満足です。
 
内湯に炭酸気泡の湯があり、そこだけは混んでいましたが、祝日の朝1番で客は多いようですが、ほとんどの湯船に意外にゆったりと浸かれました。
炭酸気泡に当たると確かに肌が赤く変化しますので、刺激効果があるのはわかりますが、私は好んで入りません。
最近は勢いよく泡を吹きだすバブル湯が多いですが、そういう動的なものではなく、昔ながらの静かな平らな湯面と、それに浸かり近くの森の中の小鳥のさえずりなどを聞くのが大好きです。
 
特筆すべきは、宮沢湖畔を見下ろす露天風呂です。
緑に包まれて不思議なくらいゆったりとした時間の流れを楽しめます。
熱すぎず、ぬるすぎず、長時間浸かれます。
 
さらに、私は屋外の露天の横にある寝湯が気に入りました。
湯が5㎝ほど張ってあり、深めの寝湯です。
背中全体をお湯が包みます。
爆睡可能な心地よい寝湯でした。
 
以下は、湯質や内湯や露天風呂とは関係なく、単に「寝湯が爆睡可能かどうか」で私の好みを記載しますが、この喜楽里の寝湯はそれらを越えていました。
しかも、祝日なのにいつもどこかが空いていて、寝たいときにすぐに寝れました。
寝床の数が多いということでしょう。
平日なら楽々寝れるでしょう。
 
これまで私の体験した湯の中の寝湯の上位1,2位は以下の通りですが、今後は1位は喜楽里の寝湯に変更されます。、
 
NO1 さいたま清河寺温泉 (せいがんじおんせん)
http://seiganji-onsen.com/
若竹の葉が風にそよぐ様を眺めながら、少な目で熱い湯を背中に敷きつつよく眠れます。
なかなか床が空かないので、空いたらさっと確保しましょう。
 
NO2 「満天の湯」
相鉄線上星川駅降りてすぐ。『毎日行きたくなるおふろ屋さん』
http://mantennoyu.com/
営業時間 6:00〜25:00(最終受付時間24:30)
寝湯の水位は結構ある方で、浅くはありません。
石の床ではなく、柔道場などにあるような畳でしたので、眠りをいざないます。
畳が数㎝の湯に全部使っていて、その上にあおむけで寝るというものです。
隣の宮沢湖に歩いていきましたが、先着ご夫婦も工事中の立入り禁止柵で通せんぼされていました。
さきほどの露天風呂からもこの程度の水面が樹木の間から見れました。
 
帰路、なんとなく八王子バイパスR16を通らずに、旧R16を走ったので、市内のあちこちで曲がって大変でした。今後はバイパスを走ることにします。

« 「横浜点滴殺人事件(15) 臨時立入検査 | トップページ | ナツメヤシ並木@R16 »

閑話休題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1054607/67890684

この記事へのトラックバック一覧です: ゆ・・・宮沢湖温泉 喜楽里別邸:

« 「横浜点滴殺人事件(15) 臨時立入検査 | トップページ | ナツメヤシ並木@R16 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ