« 横浜点滴殺人事件(10) 冤罪防止と被疑者の身柄保護を。 | トップページ | チェルノブイリ事故を考えることは自分を考えること(1) 男の癌 »

2016年10月 5日 (水)

横浜点滴殺人事件(11)

「点滴死亡事件と長谷川発言の接点」
石蔵文信  循環器、心療内科医/家族・夫婦問題専門/大阪樟蔭女子大学教授
2016年10月4日 1時15分配信
http://bylines.news.yahoo.co.jp/ishikurafuminobu/20161004-00062855/
 
医師による提言は重いものがありました。
 
真犯人像を特定することにおいて、「注射針の太さの選定」は医療知識の欠如、もしくはずさんささえ感じられました。
 
また、著者の発刊している書籍名にさまざまな感慨を受けた次第です。

« 横浜点滴殺人事件(10) 冤罪防止と被疑者の身柄保護を。 | トップページ | チェルノブイリ事故を考えることは自分を考えること(1) 男の癌 »

閑話休題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1054607/67801526

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜点滴殺人事件(11):

« 横浜点滴殺人事件(10) 冤罪防止と被疑者の身柄保護を。 | トップページ | チェルノブイリ事故を考えることは自分を考えること(1) 男の癌 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ