« 横浜点滴殺人事件(13) 市による臨時立ち入り検査は11日 | トップページ | チェルノブイリ事故を考えることは自分を考えること(5) ドバイ移住 »

2016年10月 6日 (木)

イラク対日本 FIFA男子アジア予選

「言わんこっちゃな~い!」
 
こう記事を書き始めていたときに、蛍が救った。
 
イラクはアジアでは弱いチームです。
 
以前、掲載した今後への備えに関する記事を再掲載します。
 
サウジアラビア戦が重要性を増してきたと思います。
 
オーストラリアに勝つしかないので、そこで負ければ終わりです。
勝ったとしての次の策が以下です。
 
イラクに今日負けていたら、「言わんこっちゃな~い!」の1行で記事は終えるつもりでした。
------------------------------------------------------------------
「サウジアラビアは、10番、19番、12番が要注意」
2016年9月 7日 (水)掲載済み
 
8月6日、ワールドカップアジア最終予選第2節の日本対タイ戦を見ました。
大量得点で勝てる試合でしたが、わずか2点しか取れないという相変わらずの決定力のなさが露呈していました。試合は2;0で日本の勝利。
 
原口元気のヘッディングゴールは見事でした。
2014年6月から4年間契約でドイツ・ブンデスリーガのヘルタ・ベルリンへ移籍したことの成果を披露したと言ってもいいでしょう。
 
それに比較して、浅野拓磨のゴールは格好悪かった。
相手のキーパーは一次予選無敗の腕利きだとはいえ、1対1での仕掛けでした。Jリーガーのままでは一流であっても国際試合に通用しないということでしょう。Jリーグでは一流選手ですが・・・。
 
浅野は、最近(2016年8月26日)、ドイツ・ブンデスリーガのシュトゥットガルトへの1年間移籍が発表されましたので、今後は国際試合で恰好いいゴールを決めきれる選手に成長することを期待します。
 
録画して同じ日にあったイラク対サウジアラビア戦を見ました。
 
これで2敗し戦意喪失したイラクと10月6日に日本は当たりますが、これは楽に勝てるはずですが、これを引き分けるとなるとワールドカップの道は閉じてしまうことでしょう。
 
11月に戦うサウジアラビアはオランダ人監督の戦術が侮れません。
ファンマルバイク監督(オランダ)は2010年南アフリカワールドカップ大会でオランダ代表を準優勝へ導いた監督です。
 
相手が疲労した後半の15分くらいに仕掛けてきます。
 
サウジアラビアは、10番、19番、12番が要注意です。
互角の試合になるものと予想しています。
これに勝った方がワールドカップへ行く最後の1枚の切符を手にする可能性が高いでしょう。
 
サウジアラビアの要注意人物を若干ご紹介しておきます。
10番、19番、12番が要注意です。
 
DF12番 ハッサン ムアズ・ファッラータ(アル・シャバブ所属)
2006年のウクライナ戦ではFW登録して出場している選手。昨日のイラク戦でも後半30分過ぎに相手ゴール前までドリブルで切り込み、PKを得ている。後半にDFがFWに変身するということだ。
 
MF10番 ナワフ・アラービド (アル・ヒラル所属)
2014年ガルフカップMVP
今大会、いずれもPKで3得点を挙げている。
業師(ワザシ)である。
 
FW19番 ファハド・アル・ムワッラド 
サウジアラビアのアル・イテハド所属、2011年以来69試合に出場し、19得点を挙げている。
元U-20同代表の21歳
途中投入されて、日本代表の浅野拓磨のような働きをするギアチェンジャー。浅野よりも数段切れる。

サウジアラビア代表メンバー発表(2016.8.15発表)の中に、
「大会最高得点14ゴール中のアルファ・ファラウィは怪我のため外れている。」と付記がありました。もしこの人物の怪我が快復して代表入りすればかなりやっかいなチームへと変わりそうです。詳細は不明です。
 
最後に、サウジアラビア代表監督の7年前の発言を紹介しておきます。
日本代表の得手不得手もよくご存じのようですので、戦術もすでに決まっていることでしょう。
 
「オランダ代表監督・ファンマルバイク 「我々にとって日本はやりやすい相手だ」 ~南アW杯対戦国研究~」より抜粋します。
http://number.bunshun.jp/articles/-/12445
 
「日本とは9月に対戦したが見た目ほど簡単な試合ではなかった。3-0で勝利したが内容にそれほど差はなかったと思う。日本は得点力に少し問題があるが、危険な相手だ。過小評価してはいけない」
 
 W杯抽選後のファンマルバイク監督の言葉だ。油断してはいけないという意味では多少は本音の部分もあるかもしれないが、こういう場での模範的回答だろう。
 
 実際は日本と同じグループに入り、ほくそ笑んでいるに違いない。日本と親善試合を組んだのもW杯前にオランダにとっては未知なアジアのサッカーを経験しておくためだった。それが幸運にも、わずか数カ月前に戦力を丸裸にし、既に分析が終わっている国と再戦することになったのだ。喜ばないわけがない。」(抜粋終わり)
 
日本は・・・、今でも得点力に大いに問題がある、のである。
 
ファンマルバイク監督は、日本に対しては「 1:0 」でも勝てる、と思っているかも知れません。
 
であるならば、例えばサウジは全員自陣に下がって完全守備に徹することで失点ゼロをつくる。
80分経過後に19番ファハドを投入してチームのギアチェンジをして、残り10分間で1点をもぎ取りに行く、という日本向けの作戦を私なら思いつきます。
 
「公式FIFAランク(更新日:2016年08月11日)によれば、 
http://soccer-foot.com/fifaranking/
2次予選第1節で日本が負けたUAEは世界70位です。
 
10月6日に日本が第3節で当たるイラクは85位です。
 
「次はイラクに勝って当たり前」との前提でいえば、ロシアW杯行き決定の天王山になるサウジアラビアは93位、世界61位のオーストラリアにも勝たねばならないので、なかなか大変な道でしょう。
 
で~、9月6日のサウジアラビア対イラクは2:1で下位のサウジアラビアの勝利となりました。
イラクはFWアブデゥルサハドのゴール前での切り返しによる技ありの1点で、サウジは10番ナワフのPKゴールによる2得点でした。
 
ところでわが日本代表はというと、世界56位です。
ランキング通りなら全戦全勝してもおかしくはないのですが・・・。
 
リオ五輪で金メダルのブラジルが世界5位というところを見ても、ランキングはさほど当てにならないようです。(以上、過去記事再掲載終わり)

« 横浜点滴殺人事件(13) 市による臨時立ち入り検査は11日 | トップページ | チェルノブイリ事故を考えることは自分を考えること(5) ドバイ移住 »

閑話休題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1054607/67828633

この記事へのトラックバック一覧です: イラク対日本 FIFA男子アジア予選:

« 横浜点滴殺人事件(13) 市による臨時立ち入り検査は11日 | トップページ | チェルノブイリ事故を考えることは自分を考えること(5) ドバイ移住 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ