« 横浜点滴殺人事件(2) 他人事ではありません。 | トップページ | 横浜点滴殺人事件(4) 犯人逮捕か? »

2016年10月 1日 (土)

横浜点滴殺人事件(3) FUMIKOSHICHOU謝罪。

「横浜市 臨時立ち入りへ 病院中毒死事件 今月中旬までに 管理態勢など確認」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201610/CK2016100102000154.html
2016年10月1日 東京新聞
 
この記事の中に、
 
「会見で「早く対応すべきだった」と話した林文子市長=横浜市役所で」と市長の写真が掲載されていました。
 
この写真とコメントを眺めていて、「文子市長」"FUMIKOSHICHOU""FUSHICHOU"と連想が浮かびました。
 
このツイッター記事送信の男性は、日テレニュースにモザイク顔で登場しているので、氏名も職業も明らかなようですが、若い男性で、話声から判断すると日本人男性です。
 
FUSHICHOUは「不市長」という漢字も想定していましたが、市長にあらずという意味で「不」を用いる発想は外人だと思っていました。
 
市長の責務を果たしていないという場合は、日本人なら非市長と書くでしょうから。
 
ともあれ、文子市長もFUSHICHOUとなりえることを今日の東京新聞記事で教えられました。
 
病院内部の情報が遮断されてしまったために、本日は院内を撮影しようとした記者と学生が病院侵入で逮捕されています。
 
主要4紙も仕方なく、病院の外の情報を取材して報道しています。
 
警察署の取調室のビデオ記録はこの事件では必須です。
 
披露した被疑者を痛めつけて、そのあとで「かつ丼+親切刑事交代」により涙の自白強要で決着・・・、となったりして、
真犯人が潜伏したまま医療行為を継続する社会にはならないことを祈ります。
 

« 横浜点滴殺人事件(2) 他人事ではありません。 | トップページ | 横浜点滴殺人事件(4) 犯人逮捕か? »

閑話休題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1054607/67753843

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜点滴殺人事件(3) FUMIKOSHICHOU謝罪。:

« 横浜点滴殺人事件(2) 他人事ではありません。 | トップページ | 横浜点滴殺人事件(4) 犯人逮捕か? »

最近のトラックバック

最近のコメント

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ