« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月27日 (土)

秋山温泉

Sh3b0242

「週末は山梨にいます。」
 
ここはどこだろう・・・。
 
周囲を見渡すと「週末は山梨にいます。」と書いてある。
また「食うじゃん甲斐」とダジャレの旗が直売所にかけてある。

Sh3b0244

山梨県甲斐の国にいることがわかりました。
本日は、たまにいく相模原市緑区牧野の「東尾垂(ひがしおたる)の湯」http://www.higashiotarunoyu.jp/info.htm
http://harukateinen.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/post-e78c.html (このブログでも過去に掲載済みです)
に浸かろうと国道20号線を北上して相模湖の近くまでやってきたのですが、時間が早すぎたのでさらに山奥へと進んだところ、県境を過ぎて山梨県の秋山温泉に辿り着いたのでした。
「東尾垂(ひがしおたる)の湯」も湯質はよく、湯上りに冷えた三色うどんを食べるのが私の毎度の楽しみです。
Akiyama_spring
相模湖周辺(右上隅に国道20号線が見える) google mapより引用。
 
上の地図によれば、「東尾垂(ひがしおたる)の湯」はふじの温泉病院の東隣にあります。
しかし、実際に浸かったのは、左下の赤いマークの秋山温泉でした。
ちなみに、1か月前に凄惨な事件に遭遇した津久井やまゆり園は国道20号線から少し県道へ入った右上の赤い丸です。
Sh3b0240
再び秋山温泉の入り口に戻ります・・・。
 
暇つぶし走行時に偶然見つけた日帰り温泉でしたので、記念に入っていくことにしました。
午前10時から営業なので、1時間半近くここで待つはめになりました。
大人750円です。(上野原市民は確か550円です)
 
結論ですが、山梨の温泉は「すごくいい」ということです。武田信玄の残
してくれた刀傷湯治の習慣が今の時代にも残っているのではないでしょうか。
ほったらかし温泉、要害温泉、韮崎市の各種温泉など、どれもなかなかいいです。
 
秋山温泉の目玉は、「大きな内風呂」で35度のぬるま湯源泉かけ流しです。
多くの地元の人が入っている湯船が「それ」です。
1時間でも2時間でも、ゆっくりと入れそうなくつろげる内湯でした。
湯船の様子は下記サイトに紹介されていました。
http://www.akiyamaonsen.com/onsen/index.html
 
露天風呂も私は気に入りました。
なぜか皆さんがぬるま湯の内風呂に集中して入るので、露天風呂は貸し切り状態でした。
露天風呂や泡風呂なども100%天然温泉ですが、源泉かけ流しではなく、日に4回ほど新し
い湯を注ぐと書いてありました。
 
ここの露天風呂の何がよいかというと、「山鳥がこずえにやってくる」という完全自然観です。
いまどきそういう温泉はほとんどなくなりました。
 
先々週、バイクで山口県光市に寄りましたが、そこで三丘(みつお)温泉バーデンハウスという日帰り温泉に入りました。
http://barden-mitsuo.jp/
 
ここも「山鳥が来る温泉」と言えそうですが、20年ほど前にリニューアルしてからはハイカラになり、山鳥も遠慮がちになっていたようです。
 
受付のおばさんに「ここが古い旅館の頃の湯に浸かっていましたが、当時は湯船の窓から山鳥が見えましたよ」と私がいうと、「「寿楽荘(じゅらくそう)」のころから来てらしたのですか」と驚かれました。
 
もう25年くらい前でしょうか、娘たちが小学校低学年の頃に寿楽荘の湯に何度か来たことがありました。当時は大人350円でした。この入浴料金にノスタルジー感があります。

Sh3b0234 上の駐車場と下に秋山温泉

Sh3b0241 秋山温泉全景

Sh3b0239 秋山温泉の坂上の出口から見た景色

秋山温泉の露天風呂に一人で入っていますと、鳥の声がはっきりと聞こえてきました。
姿はあいにく見えませんでしたが、この露天風呂で山鳥に出会うのは時間の問題であろうと期待を膨らませています。
秋山温泉を出てから、大きな橋で相当深い渓谷を渡って県道へ戻ります。
 
その光景が、九州は大分県の湯ノ平温泉へ渡る橋の景観とよく似ています。
橋を渡ってから、秋山村(いまは町のようですが)を振り返ると、湯ノ平の町とよく似ています。同じ民族が作った町・・・という印象を持ちました。
8月10日に、湯ノ平温泉共同湯橋本湯に浸かりましたが、現在の入浴料金は200円でした。
親父が生きていたころ、20年前に一緒に入ったときは100円でしたので、100%値上げしていました。
山梨の秋山温泉に、私の生まれ故郷大分の湯ノ平温泉のデジャブ―を感じたようです。

2016年8月20日 (土)

たかがタイヤ、されどタイヤ

Bt92

BT92
http://www.bridgestone.co.jp/products/tire/mc/products/detail/pr012/より引用
気のせいか、それとも隠れたテクノロジーか?
 
昨日、タイヤをブリジストン製品に換えました。
 
お盆に川崎→山口県光市→西大分港→(この間フェリー)神戸港→川崎と2000㎞を走りました。累計22,000㎞になったので、タイヤを交換した次第です。
 
某外国メーカ製品のタイヤから日本製品に変更しました。
 
本日の中川温泉ブナの湯往復の燃費は、
177.8㎞÷5.6L=31.75㎞/L
 
えっ!
ホンダVTRP-F250(250CC)に乗り始めて2年目ですが、燃費が30㎞を超えたのは2~3回程度しかありませんので、びっくりしました。
 
実は今朝バイクに乗っている間、衝撃吸収性が増していることと、回転推進力(遠心力のような感じ)が増していることを感じていました。
つまり、ガソリンで駆動したあと、惰性で遠くまで転がるだろうことを体感していたので、燃費を帰宅してすぐに計算したのでした。
ブレーキングのフィーリングでそのことが体感できるのです。
 
バイクといえば、エンジンとタイヤしかありません。
エンジン性能は同じでもタイヤを変えると省エネ性能が変わる・・・?
 
世界最高峰のMOTO-GP(バイク1000CC世界戦)を日テレで深夜放送をよく見ていますが、ブリジストンタイヤ使用時の昨年世界チャンピョンのマルク・マルケスがミシェランタイヤ採用のあとは、とんと成績が上がらなくなったことに、少々違和感を感じていました。
(レース用のタイヤは、1年間は全選手が同一メーカ製品を使うことが規定されているようです。)
 
ひょっとしてホンダエンジンはブリジストンタイヤで最高性能が出るように設計されているのではないだろうか・・・、という疑念はテレビを見ていて感じていました。
 
昨日日本製ブリジストンタイヤに履き替えて、そのことがずっと脳裏にありました。
 
私のかわいい250CCクラスの小さなバイクでさえ、ブリジストンとの相性は抜群であると感じたことに驚きました。
 
おそらく、高速道路でのわがバイクの最高速度も10㎞/H程度は増えるような気がしています。
これまでの最高速は・・・、非公開です。
 
タイヤの素材としてゴムと、繊維とスチール、それらの複合化技術が内部に詰まっているのでしょう。
 
たかがタイヤですが、たいしたものだと感じています。
 
参考)マルク・マルケス-wikipedia
PS:ちなみに還暦以降のバイク走行距離の累計は、82,000㎞になりました。
ホンダCB400で5,000㎞、ホンダCB1300TRで55,000㎞、ホンダVTR-F250で22,000㎞です。
 

2016年8月15日 (月)

あいお荘の日帰り露天風呂とエビ料理の民宿しらい(山口県)

Aiosou http://www.aioso.com/spring.htmlより引用。

若いころのことですが、山口県のある製鉄所で働いていたとき、隣のグループが泊まり込みで秋穂(あいお)でエビの食べ放題を食べたとうるさかったことがありました。
気になっていたので、先々週バイクで行ってみました。
川崎から光市へバイクで用件があったので移動したついでの秋穂(あいお)訪問でした。
 
えび料理 しらい、山口市秋穂のおすすめグルメ、車海老料理、旅色
http://tabiiro.jp/gourmet/s/304931-yamaguchi-ebi-shirai/
 
あいお荘 - 秋穂/車えび料理/絶景と天然露天風呂の宿:あいお荘  日帰り入浴可能
http://www.aioso.com/spring.html
 
下の欄が国民宿舎で、私が入った日帰り露天風呂は、その日は添付写真の下段でした。
料金は550円なり。絶景は添付の写真以上でした。
 
山口県光市室積の「かんぽの光」(室積温泉ともいう)の内湯からの光景の方が絶景さは上だが、そこは露天はない。
つまり、私が体験した露連風呂の中で、550円で入れる絶景日本一は、今のところ、あいお荘です。
 
15時頃に、エビ料理を食べたいと聞くと、「時間に関係なくいつでも調理してくれるのは民
宿しらいだ」と近くの宿を紹介してくれた。
 
以下がこの記事の別のおいしいポイントです・・・。
 
うまいエビを食べたいとか、それを人に贈りたいというとき、
山口県秋穂(あいお)の民宿「しらい」の上のサイトに電話予約があるが、
8000円で8尾の車エビを、生きたままか、冷凍かを選択して宅配してくれるエビ販売もしているので、宿の人に聞いてみたらよいと思います。
電話で注文を受けるかどうかは聞いてみないとわかりませんが・・。
 
私は現地から自宅へ冷凍8尾を宅配しました。
現地では塩焼き1尾2000円を食べました。
 
まずは山口県のうまいもの電話注文可能な民宿のご紹介でした。
泊まってもよい民宿だと思います。
勿論、あいお荘も宿泊にお勧めします。
まずは地元ならではの情報まで。

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

最近のトラックバック

最近のコメント

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ